1回戦 長崎南 vs 創成館

1回戦 長崎南 vs 創成館

  • 高校サッカードットコム
  • 更新日:2022/01/15

創成館、大会初優勝へ向けて力強く発進

No image

長崎南 vs創成館(写真=藤原裕久)

令和3年度長崎新人戦(新人選手権大会)の第1回戦が1月15日に長崎市内各地で開催され、昨年度の準優勝校である創成館長崎南と対戦。大会優勝候補に挙げられる創成館が長崎南に大勝し、明日16日の2回戦進出を決めた。

「今年のチームは縦に早くなるかもしれないですよ」

試合前に創成館の久留貴昭監督が語ったとおり、開始早々の前半4分、創成館はシンプルな速攻からFW波多野太一が先制ゴール。さらに前半12分にも右サイドのコーナーキックから、創成館伝統のエースナンバー8を引き継ぐ田川蓮翔の得点で差を2点と広げることに成功する。長崎南はラインを高くあげてくる創成館の背後を突いて反撃を狙おうとするが、前線の的場俊輝、丸尾頼輝までボールがなかなかつながらず攻撃が停滞。創成館は前半20分に再び波多野、24分にも田川がゴールを決め、前半だけで4点のリードを奪い前半を終了する。

【フォトギャラリー】 長崎南 vs創成館

4点差とされた長崎南だが、後半から走力・切り替え・球際の粘りを徹底して創成館に対抗。コンパクトな守備からの速攻を徹底し、徐々に試合の流れを変えていく。後半から一気に選手を3人交代した創成館に細かいミスが目立ち始めたこともあり、長崎南が互角の戦いを見せるシーンも増えていくが、地力で勝る創成館は後半65分にCKから武内貴大がゴール。67分にも古川虎太郎が左サイドからのクロスを決めて6-0。アディショナルタイムにも武内がゴールを奪い7点差として試合を終了。新人戦地区予選では諫早・大村・島原地区予選で4位と出遅れた創成館だが、あらためてその実力を見せつけて、堂々の2回戦進出を決めた。

[page_break:大会初戦を大勝した創成館]

No image

長崎南 vs創成館(写真=藤原裕久)

「少し故障者も戻ったし、本当はもっとやれるチームなんですけど、内気になってしまうところもあるので初戦から油断する気はまったくありませんでした。スタッフ全員で初戦から大事に戦えということを示してきたつもりです。その中で1点が早い時間帯に取れたのが良かったですね。攻撃でのクロスのところは徹底させたいと思っていた部分だったので、そこで得点できて結果が出せたのは良かったと思います」

例年、決して得意とはいえない大会初戦を大勝した創成館の久留監督は、試合をそう振り返った。昨年を無冠に終わり、地区予選で苦戦したため新人戦をシード権なしで迎えるのはずいぶんと久しぶりだが、1回戦終了後の言葉には油断もおごりも感じられなかった。

「相手がどこであっても、自分らがどんなプレーをするか。自分たちがどんなプレーをするかだぞと言ってきた(久留監督)」という創成館が、大会初優勝へ向けて力強く発進した。

(文・写真=藤原裕久)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加