iOS16、macOS Venturaでメールに企業の公式ロゴを表示〜BIMIに準拠

iOS16、macOS Venturaでメールに企業の公式ロゴを表示〜BIMIに準拠

  • iPhone Mania
  • 更新日:2022/06/24
No image

iOS16、iPadOS16、macOS Ventura以降のAppleのメールアプリにおいて、公式であることが確認された企業からのメールには、その企業のロゴが表示されることがわかりました。

AppleメールがBIMIに準拠

これはBrand Indicators for Message Identification(BIMI)という、認証済みのメールメッセージにブランドのロゴを添付するための規格に、Appleのメールが準拠することを意味します。

GoogleはGmailにおいて、2020年にすでにBIMIに準拠しており、信頼性が保証された企業からのメールには、ブランドロゴが表示されるようになっています。

企業側の対応が必要

たとえばスパムメールでもロゴを本文内にコピーすることはできますが、受信トレイでメールの横にロゴを表示することはできません。

この部分にロゴを表示するには、DMARCと呼ばれる一連の認証を受ける必要があるためです。

ただし送信メールにブランドのロゴを追加するには、メールクライアントだけでなく、当然ながら企業側の対応が必須で、ユーザーである筆者がGmailを見る限り対応している企業はあまり多くないようです。

しかしAppleメールがiOS16iPadOS16macOS VenturaからBIMIに準拠することにより、対応企業が増えるかも知れない(つまりスパムメールが見分けやすくなる)と、米メディアAppleInsiderは記しています。

なおiOS16のメールアプリには、送信後10秒以内であれば、送信を取り消せる機能が追加されることも判明しています。

Source:Charlie Fish/TwitterviaAppleInsider
(lunatic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加