イチゴ狩りもっと楽しんで 富山の西塩野観光農園、来園増へ新ハウス

イチゴ狩りもっと楽しんで 富山の西塩野観光農園、来園増へ新ハウス

  • 北日本新聞
  • 更新日:2022/01/15
No image

赤く実ったイチゴを持つ山崎さん

旬の果物や野菜の収穫体験が楽しめる富山市西塩野(大沢野)の西塩野観光農園は、イチゴ狩りができるビニールハウスを1棟増設し栽培面積を倍以上にした。コロナ禍の中、県内からの来園者増を目指し、摘み取りできる品種も追加した。担当者の山崎龍二さん(35)は「気軽に食べにきてほしい」とアピールする。

新設したハウスは広さ約1千平方メートル。既存のハウス(800平方メートル)と合わせシーズン中に約8千人を受け入れられる。5月末ごろまで摘み取りできる。

西塩野観光農園は2016年、水稲栽培を手掛ける山崎客土会(同市西塩野、山崎豊明代表)が開設した。コロナ禍以前は需要に対して栽培が追いつかず、最盛期の春先には来園を断ることが度々あったという。

イチゴは3品種の食べ比べが楽しめる。従来の「紅ほっぺ」に加え、昨シーズンからしっかりとした歯応えとまろやかな酸味が特徴の「やよいひめ」を栽培。今季から果肉がやわらかく、優しい甘みの「章姫(あきひめ)」も追加した。

農園では季節に応じてトウモロコシやジャガイモ、サツマイモの収穫体験もでき、近隣の保育施設の園児らを受け入れている。山崎さんは「これからも地域に開かれた観光農園にしていきたい」と話す。

イチゴ狩りは事前予約可。料金は変動制で、同農園のHPで随時案内している。

No image

新設したイチゴのビニールハウス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加