富士山の世界文化遺産登録10周年を記念して東京で開催される特別企画「富士山 芸術の源泉」

富士山の世界文化遺産登録10周年を記念して東京で開催される特別企画「富士山 芸術の源泉」

  • MdN Design Interactive
  • 更新日:2023/01/25
No image

狩野董川中信筆「富士飛鶴図」

2023年2月4日(土)と2月5日(日)の2日間にわたり、東京美術倶楽部 3Fの展示室で「富士山 芸術の源泉」の開催が予定されている。

2023年が富士山の世界文化遺産登録10周年であることを記念して開催される特別企画。2日間限りの企画展と講演会が実施され、企画展は予約不要で観覧できる。

静岡県は、富士山の普遍的な価値を後世に継承することを目的とし、調査研究や情報発信や包括的な保存管理の拠点として「富士山世界遺産センター」を整備した。今回のイベントは、「富士山世界遺産センター」が東京都内で開催する企画。富士山の“芸術の源泉”の側面にクローズアップした内容が展開される。

企画展では、幕末期の米国大統領への外交贈答品と考えられる狩野董川中信筆「富士飛鶴図」をはじめ、「富士山世界遺産センター」の収蔵作品から10数点を東京で初公開。掛軸や屏風の作品が紹介される。

講演会では、富士山の芸術文化についての各種の題目を実施。定員は各日先着150名で、「富士山世界遺産センター」のWebサイトからの予約が必要とされており、空席がある場合には当日も受け付ける。

そのほかに会場では、山岳写真家の白籏史朗氏の作品や、「富士山写真コンテスト」と「ふるさと富士写真コンテスト」の歴代グランプリ作品も展示。

※開催の状況について、最新の情報は公式Webサイトにて要確認

No image

富士三保清見寺図屏風 左隻(作者未詳)

No image

富士三保清見寺図屏風 右隻(作者未詳)

■期間:
2023年2月4日(土)~2月5日(日)

■開催場所:
東京美術倶楽部 3F 展示室
東京都港区新橋6-19-15

■問い合わせ先:
静岡県富士山世界遺産センター
url.https://mtfuji-whc.jp/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加