夫婦別姓を「選択」することさえ許さぬ政党にそぐわぬ「自由」の2文字

夫婦別姓を「選択」することさえ許さぬ政党にそぐわぬ「自由」の2文字

  • ハーバービジネスオンライン
  • 更新日:2020/11/22

◆夫婦別姓賛成7割! ところが自民党は……

11月18日、早稲田大学の棚村政行教授と市民団体「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」が共同で行い、全国の20代から50代の男女7000人が回答したインターネット調査の結果が報じられました。

NHKの報道によれば、「選択的夫婦別姓」について、「他の夫婦が同姓でも別姓でもかまわない」として賛成と答えた人は、合わせて71%もいた一方で、「自分は夫婦同姓が良いし他の夫婦も同姓であるべきだ」として反対した人は14%に過ぎなかったという結果だったそうです。

この結果を受けて選択的夫婦別姓への機運が高まることを察知したのか、同日、自民党が夫婦別姓の「問題点」を議論する議連「『絆』を紡ぐ会」(仮称)を設立するというニュースも報じられました。

◆「民意」に耳を傾けないスタイル

No image

◆「自由」からもっとも遠い人々

No image

<まんが/ぼうごなつこ>

【ぼうごなつこ】

No image

ぼうごなつこ●Twitter ID:@nasukoB。1974年、神奈川生まれ。まんが家・イラストレーター。本サイトの連載「100日で崩壊する政権」がこの度書籍化!『100日で崩壊する政権 コロナ禍日本、安倍政権の軌跡』他に、『子どもの心に寄り添って~被災した子どもの心のケア(NPO法人キッズドア)』『知ってはいけない 隠された日本支配の構造(講談社現代新書)』『女政治家の通信簿(小学館新書)』などでまんが・イラストを担当

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加