高橋真麻が「夫との結婚決意した瞬間」とは 感銘受けた俳優からの助言も告白

高橋真麻が「夫との結婚決意した瞬間」とは 感銘受けた俳優からの助言も告白

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/11/21
No image

フリーアナウンサーの高橋真麻が20日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。一般男性の夫との結婚を決意した出来事を告白した。

■「これは今までの人とは違う」

独身時代、男性とデートをすると、毎回のように週刊誌にキャッチされていた高橋。デートの様子が週刊誌に掲載されることを伝えると、お相手が一般男性だった場合「僕の名前と写真って載るの?」と自分のことを心配する人が多かったという。

しかし、今の夫は違った。同様にデート現場を撮られたとき「俺はいいけど、真麻は大丈夫なの?」と高橋のことを気にかけてくれたという。「これは今までの人とは違うって思って」と、そのふるまいに感動し「それが、お付き合い、結婚するきっかけになった」と明かした。

関連記事:第1子妊娠中の平野ノラ、妊婦の大変さを痛感 「地獄絵図です」「助けて~」

■感銘受けた俳優からの助言

結婚を決意した瞬間はもう一つあった。

学生時代、体重75キロ、ウエスト95センチと、肥満体型だった高橋。その後、体重を大幅に減らすことに成功したが、お腹の皮にたるみができてしまい「男性に裸を見られたくない」とコンプレックスを感じるように。気が付けば、恋愛に対しても臆病になっていた。

そんなとき、ある俳優が「コンプレックスを愛してくれる人と結婚した方がいい。僕は顔に大きな傷のある女の子と付き合ってたけど、顔の傷から毎回キスをしていた」とエピソードを交えながら助言をくれた。

■コンプレックスを愛してくれる

「すごく感銘を受けて。このお腹を良いって言ってくれる人にしよう」と、高橋はその俳優の言葉を胸に決意。

「そしたら、今の夫が付き合う前に私のお腹をポンポン叩いて『もっとお腹出たほうがいいよ』『そういうの気にしないよ』って話をされて。コンプレックスを愛してくれる人はこの人かもしれないって思った」と運命の人に出会ったシーンを回想していた。

■視聴者「鳥肌たった」

ゴールインまでの経緯を赤裸々に語った高橋。視聴者からは「真麻の結婚の決め手聞いていい意味で鳥肌たった」「高橋真麻が『コンプレックスを愛してくれる人と結婚した方がいい』って言ってたけど本当に真理だと思った」と反響が届いている。

・合わせて読みたい→国民的女優・石原さとみが結婚へ 弁護士から見た理想の夫婦とは

(文/しらべぇ編集部・RT

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加