【カーリング】日本代表ロコ・ソラーレ世界選手権開幕2連敗 「アイスが崖のよう」スイスに大敗

【カーリング】日本代表ロコ・ソラーレ世界選手権開幕2連敗 「アイスが崖のよう」スイスに大敗

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2023/03/19
No image

ストーンを投げるロコ・ソラーレ鈴木(AP)

<カーリング:世界選手権>◇18日◇スウェーデン・サンドビーケン◇1次リーグ

カーリング女子日本代表のロコ・ソラーレ(世界ランク5位)が、3連覇中のスイス(同1位)との1次リーグ第2戦に臨み、2-11で完敗した。初戦はデンマークに敗れており、開幕2連敗スタートとなった。

初戦を終えて約2時間後に始まったゲーム。アイスの状態を読みきることができず、引き離される展開となった。

1-0で迎えた第2エンド(E)に大量6点を献上。その後も失点を重ね、9点差となった第6Eが終了したところで、負けを認めるコンシードを選択した。

リード吉田夕梨花(29)は「アイスのコンディションが前の試合とは全然違った。前半でつかみきれなかった」と反省。相手の対応力をたたえた上で「アイスが崖のように傾いている。こんなアイスも珍しい」と打ち明けた。

銀メダルを獲得した16年以来、7年ぶり2度目の出場となるロコ・ソラーレは、20日午前3時(日本時間)からスコットランドとの次戦に臨む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加