はじめしゃちょー、手に現れた異変を報告 「明らかにヤバいのができてる...」

はじめしゃちょー、手に現れた異変を報告 「明らかにヤバいのができてる...」

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/09/15
No image

人気ユーチューバーのはじめしゃちょーが、14日に自身のYouTubeチャンネルを更新。体に現れた異変を明かし、ファンから心配の声が相次いだ。

■右手首に大きなコブが…

YouTubeに「右手に巨大な腫瘍ができました。」という重々しいタイトルの動画をアップしたはじめ。

なにやら、手に異変を感じたようで、両手を比較できるように画面に映すと…右手首の甲側にのみ明らかにコブのようなものができているのだ。

虫刺されや水ぶくれとも違うコブに「明らかにヤバいのができてる」「めちゃくちゃでかい…」と怖がりながらも「触るとプニプニしてる」と実況を進めていた。

関連記事:不正出血に気付いても新型コロナのせいで… 受診が遅れた看護師の子宮頸ガンは手遅れか

■危険を察知しすぐに病院へ

この正体が何かはわからないものの、ゼリーのような物質の詰まった腫瘤「ガングリオン」ではないかとはじめは考察。「ガングリオン」の特徴や症状について調べるが、かなり自身に当てはまっているよう。

なお、場合によっては摘出手術が必要ということがわかると、「え、えぇー!」「すぐ病院、すぐ病院!」と驚き、すぐさま病院に電話をかける。今から受診が可能かを確認し、診察に向かうのだった。

結果として、腫瘍の正体は「ガングリオン」であり、病院で処置も行なったという。処置はかなり痛みを伴ったようだが、治ったため「よかった」と安堵の表情を浮かべていた。

■病院に苦手意識がある人は…

はじめいわく「ガングリオン」は自然治癒もできるらしいが、病院に行ったからこそ安心することができただろう。

しかし、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の55.0%が「病院が嫌いだ」と回答している。病院嫌いな人は6割弱と、多くの人が苦手意識を持っているようだ。

No image

いずれにせよ、大事に至らなかったことに対しファンからは「大したことなくて良かった!」と安堵の声が寄せられていた。

・合わせて読みたい→死産の胎児を焼き散骨した女性を逮捕 自宅で突然出産のショックからか

(文/しらべぇ編集部・ステさん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加