“監督” C・ロナウド再び?途中交代後にベンチから指示を出す姿に反響「監督3人はずるい」

“監督” C・ロナウド再び?途中交代後にベンチから指示を出す姿に反響「監督3人はずるい」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2021/09/15
No image

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、途中交代後も存在感を示した。

【写真】C・ロナウド監督誕生!(ユーロ2016決勝とヤング・ボーイズ戦どちらも)

ユナイテッドは14日、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ初戦でヤング・ボーイズとアウェイで対戦。ユナイテッド復帰後初のCLとなったC・ロナウドは11日のニューカッスル戦に続けて先発出場した。

すると、13分にはMFブルーノ・フェルナンデスのクロスを押し込み、先制点をマーク。いきなり結果を残したが、チームは35分にアーロン・ワン=ビサカが一発退場となり、前半のうちに数的不利となる。

66分に同点に追いつかれたユナイテッドは、システムを変更した影響もあり、C・ロナウドとB・フェルナンデスは72分に2人とも途中交代でピッチを後にした。

そんな中、ユナイテッドの選手がファウルを受けると、すでにベンチに下がっていたC・ロナウドもテクニカルエリアへ立ち上がり、右手を挙げて審判にアピール。オーレ・グンナー・スールシャール監督のすぐ横で、監督さながらの姿を見せた。

C・ロナウドは、ユーロ2016の決勝となったフランス代表戦で、負傷退場しながらも治療後にベンチに戻ると、テクニカルエリアに飛び出し、味方に指示を送り続けた姿が話題になっていた。

ヤング・ボーイズ戦での姿もそれを彷彿とさせ、「ロナウド監督」「ユーロの時のよう」だと反響を呼んだ。また、その際にB・フェルナンデスも近くにいたことから、「監督3人はずるい」「ポルトガル代表じゃん」といった反応もあった。

しかし、C・ロナウドのコーチングも実らず、ユナイテッドは後半アディショナルタイムに途中出場のMFジェシー・リンガードのパスミスを奪われ失点。グループ内では最も力が劣ると見られたヤング・ボーイズ相手にまさかの黒星スタートとなった

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加