【ベランダ活用入門編】印象チェンジ!デッキパネル3選

【ベランダ活用入門編】印象チェンジ!デッキパネル3選

  • withonline
  • 更新日:2022/06/23

みなさんはマンションのベランダ、どのように活用していますか? 「戸建てのように広くないからいつも洗濯物を干すだけ」とあきらめている人は必見! 実は、限られたスペースでも工夫するだけでベランダの印象が180°変わって、使い方もさまざまに楽しめるんです! そんなベランダの賢い活用法を入門編から応用編vol.1、vol.2まで分けてご紹介! 初級編では、ベランダの床を様変わりさせるデッキパネルの選び方からお届けします。今回、お話を伺ったのは……「RESTA」の中島美紀さん オシャレな壁紙や賃貸でも使える床材やベランダデッキなど、DIYインテリア商品が豊富に揃うネットショップ「RESTA」のネット事業部制作チーム所属。自ら施工も行い、DIY方法やおすすめの商品なども動画で紹介している。

「置くだけで設置できるデッキパネルは、ベランダの印象を簡単に変えることができます」(中島さん)

「まず初心者にオススメしたいのが、デッキパネル。DIYと言っても正方形のパネルの下部にジョイントが付いているので、つなげていくだけで設置できるのが最大の魅力です。材質によってはカッターやのこぎりでカットできるものもあるので隙間なくきっちりはめることができるのもポイント。殺風景だったベランダが一気にオシャレに見え、リビングの延長のような感覚で活用できる空間を作り出すことができます。ベランダで過ごす時間も増えて毎日がより豊かになり、なんだか生活空間が広がったような嬉しさも実感できます。今回は主なデッキパネル3種類とその長所と短所をお教えします。ぜひご自宅に合ったものを見つけてくださいね」

\さっそく3タイプのデッキパネルをご紹介!/

木の温かみや色合いの変化を楽しめる!天然木ウッドデッキパネル

No image

写真/天然アカシア木製ジョイントデッキ

天然木ならではの温かみのある風合いや経年変化を楽しむことができる、天然木デッキパネル。ナチュラルなベランダガーデンが簡単に作れて、また無垢材にこだわりたい方にもオススメです。「天然木ウッドデッキ」は、主に耐久性の高い「ハードウッド」と、カットしやすい「ソフトウッド」がありますが、初心者が扱いやすいのは、「ソフトウッド」。人工木と違い、夏場でもパネル表面温度が上がりすぎないので、木のささくれだけ注意すれば、お子さんやペットがいるご家庭も安心! ただし、天然木なのでこまめなメンテナンスが必要です。天然木ウッドデッキパネル耐久性★★★リーズナブル度★★★★お手入れのしやすさ★★★子どもやペットのいる家庭向き★★★★

お手入れしやすく子どものいる家庭にも!人工木ウッドデッキパネル

No image

写真/RESIN WOOD(レジンウッド)

木の質感は譲れないけれど耐久性もほしいという方には、「人工木デッキパネル」。正方形タイプの他には、写真のような長尺タイプの本格ベランダデッキもオススメ! 木とプラスチックを混ぜて形成された人工木は、木の風合いを味わえながらも耐久性にも優れているのが特長です。天然木のように害虫問題や腐る心配もなく、色あせもしにくいのでメンテナンスが楽な点も人工木ウッドデッキの魅力です。ただ一点、夏場は表面温度が高温になるため、注意が必要です。人工木デッキパネル耐久性★★★★リーズナブル度★★★お手入れのしやすさ★★★★子どもやペットのいる家庭向き★★★★

高級感があり、スタイリッシュに仕上がる!磁器タイルデッキ

No image

写真/SEKISUI クレガーレ システムデッキ

スッキリとした見た目で高級感があり、本物志向の方にいちおしなのが、磁器素材のタイルデッキパネル。天然木や人工木に比べて最も汚れにくいのでほぼメンテ不要。室内のインテリアテイストにも合わせやすく、リビングと一体感のある空間を作れます。戸建てのテラスなどでバーベキューなどをする方にも耐久性の高い磁器タイルがオススメです。磁器タイルデッキ耐久性★★★★★リーズナブル度★★お手入れのしやすさ★★★★★ 子どもやペットのいる家庭向き★★★★

ほかにもこんなパネルが!

低価格で試してみたい人向け!プラスチックタイルパネル

レンガやタイルを表現したプラスチック素材のデッキパネルは、リーズナブルなものが多く、初期費用をあまりかけたくない方やちょっとベランダのアレンジを試してみたい方にぴったり。短所としては、プラスチック製なので使用環境によっては1~2年程度で劣化が始まってしまう場合がある点です。

組み合わせて使うのがオススメ!人工芝パネル

人工芝のパネルは、素足で踏むとふかふかと気持ちよく、自然を感じられる明るい空間を演出することができます。ゴミが溜まりやすく、こまめな掃除が必要というデメリットはありますが、人工木ウッドデッキパネルもしくは磁器タイルデッキと上手に組み合わせて部分的に人工芝を楽しむのがオススメです。

パネルタイプってどう使うの?

No image

ベランダやバルコニー用のウッドデッキパネルは、ベースのジョイント部分をはめて並べていくだけなので簡単。商品によってはカッターやのこぎりなどで手軽にカットできるので、ベランダの形状に合わせて敷き詰められます。割れてしまったり、一部だけ汚れが目立ったりする場合も、簡単に取り換えることができるのがパネル式の利点です。

\ベランダの排水溝部分はどうすればいい?/

No image
No image
No image

▲スワイプして2、3枚目の写真もチェック!溝の部分は、ホームセンターなどで売られている角材を置いて底上げして、その上からデッキパネルを置けばぴったり配置できて、ベランダが広く感じられます。また溝に勾配があって高さの調整がしにくい場合は、隙間に玉砂利を敷く方法も効果的。定期的にデッキパネルの下や溝の掃除を行うことも長持ちの秘訣です。

ベランダのアレンジ法もご紹介!

No image
No image

▲スワイプして2枚目の写真もチェック!「一枚目の写真は人工木ウッドデッキパネルを使った戸建てのベランダ。コンクリートの床を人工木のパネルにするだけで温かみのある雰囲気になり、おうちカフェが完成! 二枚目の写真は小さいスクエア型の磁器タイル。インテリア性の高い磁器タイルなら室内との調和もとれて、一気にオシャレな印象に仕上がりますね」(写真提供:RESTAスタッフ)簡単にベランダをDIYできるデッキパネルをご紹介しましたが、いかがでしたか? ベランダを有効活用するなら、まず床から変えてみるだけで気分も変わって、家族がベランダでちょっと息抜きする時間が増えるかも! ぜひ参考にしてみてください。取材協力/(株)RESTA 取材・文/佐藤美穂DIY SHOP「RESTA」 https://www.diy-shop.jp/RESTA「デッキパネル」は、こちらをチェック!

■こちらの記事もおススメ!

No image

春はベランダ菜園を始めよう! おうちで手軽に楽しめるプランター栽培のススメ【ハナモリの「暮らしのセンスを磨くコツ」vol.17】

記事をチェック!

withonline

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加