カンクン国際空港 ターミナル3の利用再開

カンクン国際空港 ターミナル3の利用再開

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2020/10/16

マヤワールド"Mundo Maya"の入口、とされているカンクン国際空港(CUN)は、1~4までのターミナルとそのほかにチャーター便が到着するターミナルがあります。
コロナ後はターミナル1と3が閉鎖され、ターミナル2と4のみの利用となっていましたが、おもなエアラインは下記の日程でターミナル3に変更となります。
ターミナル4も混み始め、コロナ前にもともと利用していたターミナル3に戻れるということで、ようやく空港のエアラインスタッフもほっとしていることでしょう。

■Delta Air Lines
2020年10月27日~

■British Airways
10月28日~

■Air Canada
■United Airlines
10月29日~

■American Airlines
11月3日~

■JetBlue
■Spirit Airlines
11月5日~

本日(10月14日)の運行状況をざっくりと見てみると、約150本の到着便があり、内訳は国内線100本・国際線50本という感じでした。
国際線ではどのようなエアラインがどこから出発しているのかも調べてみると、
American Airlines:ダラスフォートワース・シャーロット・マイアミ・フィラデルフィア
United Airlines:ヒューストン・ニューアーク・デンバー
Delta Air Lines:アトランタ・デトロイト・ジョンFケネディ・ロサンゼルス・ソルトレークシティー
JetBlue:オーランド・フォートローダデール・ジョンFケネディ
Sun Country Airlines:ミネアポリス
Southwest Airlines:ボルチモア
British Airways:フィラデルフィア
Frontier Airlines:デンバー・シカゴ
とアメリカ本土のみ。

珍しいところでは
Tropic Air:ベリーズ
Copa Airlines:パナマ
というところでして、ヨーロッパからの直行便はまだまだのようです。

それでも、3つのターミナルが稼働し活発になってきたカンクン!

エアラインなどのリストラやレイオフのニュースも残念ながら耳にします。

ですが、世界中には旅行をしたくてうずうずしている人はたくさんいて、その日は必ず戻ってくると信じています。

1日も早く飛行機に乗って旅行ができますように!

No image

Hasta luego!

カンクン特派員

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加