大谷翔平、2戦連発ならずも左前打放ちチーム3連勝に貢献

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10

(エンゼルス6-1ロイヤルズ、9日、アナハイム)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(26)は「2番・DH」で先発出場し、三回に左前打を放つなど3打数1安打1四球、1得点で打率は・262。チームは先発キャニングが七回途中1失点と好投し、ロイヤルズに3連勝した。

2試合連発とはならなかったが、連日安打を放ち勝利に貢献した。ロイヤルズの先発右腕ケラーと対戦した三回2死一塁の第2打席で初球の甘いスライダーを左前に運び、一、二塁とチャンスメーク。次打者レンドンの適時二塁打で2点目のホームを踏んだ。

一回の第1打席は真ん中付近のチェンジアップを振り抜いて、痛烈な当たりの右飛。五回2死一塁の第3打席ではボールをよく見極め、四球を選んだ。七回先頭の第4打席は右腕ジマーの真ん中低めに沈んだ変化球を振らされ、三振に倒れた。

試合結果へ打撃成績へ投手成績へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加