松浦、新山らDMD進出 競輪祭 【小倉】

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/11/21

小倉競輪の6日制ナイターG1「第62回競輪祭」は20日、3日目を行った。全員が1予の2走を終了。松浦悠士、新山響平らが初戦に続き勝利。4日目12Rのダイヤモンドレース(DMD)へ勝ち上がった。GP出走を争う賞金7位の和田健太郎も白星を挙げDMDに進出した。3日目まで同時開催の「ガールズグランプリ2020トライアル」は11Rでアメジスト、12Rでトパーズの決勝を行った。アメジストは佐藤水菜、トパーズは児玉碧衣が制した。4日目からは男子だけの戦い。12RのDMDは南関3車の番手を走る郡司浩平を本命に推す。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加