【山口】新型コロナ感染者1人が死亡と発表 県内で自宅療養中の死亡は初めて。

【山口】新型コロナ感染者1人が死亡と発表 県内で自宅療養中の死亡は初めて。

  • KRY山口放送
  • 更新日:2022/05/14
No image

山口県は新型コロナウイルスに感染し自宅療養中の50代の女性1人が死亡したと発表した。県内で自宅療養中の人が死亡したのは初めて。

山口県は新型コロナウイルスに感染し自宅療養中の50代の女性1人が死亡したと発表した。県内で自宅療養中の人が死亡したのは初めてだ。

山口県によると死亡した女性は5月10日に新型コロナに感染し、当初は軽症として自宅療養していた。11、12日と電話連絡をしたが応答がなく13日、保健所の職員が自宅を訪問したところ応答がないため警察に通報。自宅の敷地内で倒れている本人が発見され、その後、死亡が確認されたという。

女性は一人暮らしで基礎疾患があったものの、咳などの症状は改善傾向で呼吸が苦しいこともなかったことから、軽症と判断されたということで、死因は警察が調べている。

自宅療養中の感染者の死亡は県内では初めてだ。

山口県内の14日の感染確認の発表は319人だった。自治体別では岩国市が83人、下関市が61人、山口市が38などとなっている。このうち感染経路が分かっていないのは123人だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加