春の高校野球 岡山県大会決勝 創志学園VS倉敷商業 【岡山・倉敷市】

春の高校野球 岡山県大会決勝 創志学園VS倉敷商業 【岡山・倉敷市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/05/03
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

高校野球。春の岡山大会の決勝が5月2日倉敷市で行われ、岡山市の創志学園と倉敷商業が対戦しました。

新型コロナ対策として無観客で行われた2日の決勝。

初回、創志学園はヒットとフォアボールで1アウト2塁1塁のチャンス。

バッターは4番・キャプテンの岡崎。打ち取られた当たりでしたが、セカンドがエラー。その間に2塁ランナーがホームに帰り先制すると、続く5番・坪井。レフト前に運び2点目。

2回以降も打線がつながった創志学園は6回までに10安打11得点と大量リードを奪います。

投げてはここまでの3試合全てで完投してきたエースの川端が、倉敷商業打線を6回まで3安打無失点に抑えます。

後半は疲れが見えたものの、最後まで投げ切った川端。結局、14対2で創志学園が勝ち、4年ぶり2回目の優勝を果たしました。

(岡崎虎太郎主将)

「全員がつなぐ意識をもって大量得点になった。」

(川端師童投手)「中国大会で秋は負けているので、借りを返したいと思う。」

創志学園は6月、鳥取で開かれる中国大会に出場します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加