のぶみ氏、五輪文化プログラムへの出演辞退 過去の発言がネットで波紋

のぶみ氏、五輪文化プログラムへの出演辞退 過去の発言がネットで波紋

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/07/21
No image

東京五輪・パラリンピックの文化プログラムに参加していた、人気絵本作家・のぶみ氏が20日、出演を辞退したことが分かった。

■本人の意思により出演辞退

同日、公式ウェブサイト上の参加者一覧ページに、「のぶみさんご本人のご意思により出演は辞退されました」と掲載され、本人の意思により出演を辞退したことが明らかに。

のぶみ氏は、「東京2020 NIPPON フェスティバル」のひとつで、多様性や共生社会をテーマとした「MAZEKOZEアイランドツアー」のアートワークショップに参加する予定だった。

関連記事:「玲空斗は自然が好きだったから樹海に埋めてあげよう」口にタオルをくわえさせ後頭部で縛り殺害…“鬼畜夫婦”の残酷な犯行

■過去の発言がネット上で波紋

のぶみ氏は、代表作『ママがおばけになっちゃった!』などで知られる人気絵本作家。

しかし、自伝やSNSなどで学生時代に先生に腐った牛乳を飲ませたなど“教員いじめ”が疑われる言動が、インターネット上で問題視されていた。

報道を受けて、インターネット上では「何故『のぶみ』さんが選考されたのか」と、大会組織委員会からの説明を求める声もあがっている。

・合わせて読みたい→「ないですね」眞子さま小室圭さんご結婚“使者”問題の現実 黒田清子さんは今でも挙式直前のドレスを…

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加