オリックス・杉本裕太郎「正尚をかえすことだけを考えて打席に」 四回に同点打

オリックス・杉本裕太郎「正尚をかえすことだけを考えて打席に」 四回に同点打

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/11/25
No image

4回、オリックスは杉本裕太郎の適時打で吉田正尚が生還。捕手はヤクルト・中村悠平=東京ドーム(撮影・福島範和)

(SMBC日本シリーズ2021、ヤクルト-オリックス、25日、東京D)オリックス・杉本裕太郎外野手(30)が四回2死二塁から中前適時打を放ち1ー1とした。杉本は「(吉田)正尚をかえすことだけを考えて打席に入りました」と振り返った。2死から吉田正が右翼線二塁打。杉本はフルカウントからの外角スライダーを中前へはじき返した。

しかし、直後の四回裏に村上に勝ち越しソロを許して1―2。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加