コストを抑えながら環境に優しいオリジナルパッケージを制作できる「POC」

コストを抑えながら環境に優しいオリジナルパッケージを制作できる「POC」

  • Techable
  • 更新日:2023/01/25

株式会社ポックは、2023年1月23日までに複数のエンジェル投資家から総額3300万円の資金調達を実施。同時に、サステナブルパッケージ制作プラットフォームの「POC(ポック)」を正式に提供開始しました。

サステナブルパッケージがつくれる

No image

「POC」は、全てのブランドやショップがサステナブルなオリジナルパッケージをつくれるプラットフォーム。

日本中の50を超えるサステナブルパッケージ製造に強い工場と提携し、パッケージの構想から納品までをまとめてサポートします。

産業構造の変革を目指す

No image

POCでは全国の工場をネットワーク化し、パッケージ素材やロット、環境対応条件から最適な工場との素早いマッチングを実現。これまで数ヶ月かかっていた工場の問い合わせや選定プロセスを最短即日にまで短縮できます。

また、1次製造元に直接発注することで従来より約15〜20%製造コストを削減することが可能です。

サステナブルの見える化を実現

No image

実感しにくい「サステナブル」という概念を様々な方法で可視化させます。

例えば、上記の図のように「ポリプロピレン製の透明袋を、POCで作ったパルプ原料の薄包装紙に変えると、CO2相当量が66%削減できる」ことを見える化するといった、生活者に伝わりやすい工夫をしていきます。

「シェア制作」によるコスト削減と付加価値づくり

No image

POCには「サステナブル」という志に共感するブランドが集まり、共同で1つのパッケージをつくる「シェア制作」という機能があります。複数のブランドが集まり発注ロットを上げることで、高価なサステナブル材料を使いやすくします。

今後もコミュニティ参加者間での相互送客やクリエイティブシェアなど、様々な付加価値づくりに取り組んでいく予定です。

PR TIMES :https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000111056.html

(文・杉本 旭)

mori

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加