吉田麻也、前半は「シャイだった」。U-24日本代表主将が挙げた東京五輪の「キーポイント」とは?【東京五輪】

吉田麻也、前半は「シャイだった」。U-24日本代表主将が挙げた東京五輪の「キーポイント」とは?【東京五輪】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/07/23
No image

【写真:Getty Images】

【U-24日本代表 1-0 U-24南アフリカ代表 東京五輪2020グループA第1節】

東京五輪(東京オリンピック)2020男子サッカー競技グループA第1節、U-24日本代表対U-24南アフリカが22日に行われた。試合は1-0で日本が勝利した。この試合に先発した主将の吉田麻也が試合後のインタビューに答えた。

吉田が「チーム全体としてシャイだった」と語るように日本はゴールを奪えないまま、前半をスコアレスで折り返す。その後もこう着状態が続いたが、71分に久保建英のゴールでようやく先制に成功。このゴールを守り切って初戦を白星で飾った。

苦しみながらも大事な初戦で勝利。吉田は「何とか1点取れて、それを守りきれたかな」と話しつつも、「本来もっともっとできるチームだと思うので、もっと最初から自信を持ってやるべきだなと思いますし、勝ってる時の戦い方はもっともっと良くなるんじゃないかなと思います」とコメントした。

試合前にU-24南アフリカ代表の選手らに陽性、濃厚接触者が出ており、試合中止の可能性も少なからずあった中で吉田は「大きな混乱はなかったですし、もちろんベストで戦えれば、フェアで戦えれば良かったですけど、今回の大会に関してはこれも一つのキーポイントだと思うので、引き続き僕らは感染者が出ないようにしっかり自制してやっていきたいなと思います」と話した。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加