KENTAが“広島がホーム”と語る内藤哲也を全否定「アイツ、足立区民だろ。我々、草加市民は足立区は東京都として認めてない」【週刊プロレス】

KENTAが“広島がホーム”と語る内藤哲也を全否定「アイツ、足立区民だろ。我々、草加市民は足立区は東京都として認めてない」【週刊プロレス】

  • BBMスポーツ
  • 更新日:2022/08/06
No image

6日、新日本プロレス大阪大会にて、KENTAが8・9広島大会のメインで「G1 CLIMAX 32」Cブロック公式リーグ戦を控える内藤哲也と6人タッグ戦で前哨戦をおこなった。

内藤とKENTAはこれが2020年10・17両国大会のG1公式戦(KENTAが勝利)以来、約2年ぶりの遭遇。同年2・19大阪城大会のIWGPヘビー&インターコンチネンタル2冠戦では内藤が防衛しておりシングル戦績は1勝1敗。

なお、シリーズ中の7月26日にはベースボール・マガジン社よりKENTA初の自伝『足跡』(税込1650円)が発売され、大好評。内藤は前日のバックステージで「ぜひぜひアナタの大好評の自伝をオレにプレゼントしてくれよ。もちろんサイン入りでね」と語っていた。

KENTAは英語実況席に置いてあった自伝を手にして何やら言葉を交わしてからリングイン。後からロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが入場。内藤は花道からリング上をのぞき込み、手で四角を作って「自伝はないのか?」というようなジェスチャー。

リングインするとKENTAの前で両手を差し出す。するとKENTAは背中に隠していた自伝を出して差し出して「ただであげるから」。受け取った内藤が嬉しそうにさっそくページをめくる。

サインがないことに気づいた内藤がKENTAにお願い。KENTAは場外から渡されたペンでさらさらとサインを入れる。「TETSUYA」と名前入り。内藤はヒザを震わせてワクワク。KENTAは書き終わると笑顔で手渡すが、それを受け取った内藤が本を放り投げ、KENTAが襲い掛かり試合開始のゴング。

試合はジュース・ロビンソンがBUSHIをパルプフリクションで料理。試合後、場外ではKENTAが内藤を自伝の角で殴打。ダウンする内藤はKENTAの手から自伝を奪おうとするが、KENTAは渡さず。それでも内藤はKENTAに手を伸ばして自伝をほしがる。KENTAが渋ると放送席の高橋ヒロムが「オレは渡した方がいいと思うな。内藤さんを信じてほしい!」。

KENTAは「これやるから広島、オレに譲れよ」と交渉。内藤は「読んでから考えようかな、前向きに」。KENTAから「ちゃんと読めよ。全部読めよ」と自伝を手渡された内藤はペコペコしながら距離を取ると、下に落としてサッカーボールのように蹴り飛ばしながら引き揚げる。KENTAはにらみつけて詰め寄るが内藤は距離を取り、さらに本を蹴り飛ばしてボロボロにしてしまった。

バックステージで内藤は「KENTA選手から自伝がもらえて、しかも、(表紙をめくって見せつけながら)リング上でサインまで。優しい人だねぇ。ついつい、興奮しすぎちゃって、破けちゃったけどさ、でもこうしてまた、手元に戻ってきたよ。オレのG1 CLIMAX、次戦は8月9日、オレのホームである広島でのKENTA戦。(自伝をめくりながら)この自伝に、いろいろ書いてあるんでしょ。参考にさせていただきますよ。まぁちょっと、文字数が多すぎて、読み終わるかわかんないけどね。カブロン!」と自伝を放り投げて控室に消えた。

一方のKENTAは神妙な顔つきでビデオカメラに向かって「今日はちょっと、いつもと違う感じのテンションですいません。今日は一言謝罪がしたくて……。いつもG1中にもかかわらず、自分の自伝の宣伝ばっかりしてしまって、視聴者の方には不愉快な、不快な思いをさせてしまったかもしれませんので、この場を借りてお詫びしたいなと思います。すいませんでした」としばらくの間、深々と頭を下げた。さらに言葉は続く。

「自分の度重なる宣伝の結果を受けまして、重版決定しましたぁ~! これ全部、オレの宣伝のおかげ。G1中、関係ねぇ、そんなん。だって週プロが悪いって何回も言ってるじゃん。アイツが悪いんだ。ベースボール・マガジン社が勝手にこの時期に出してっからいけないの」

重版決定を告知した後、KENTAはこの日の内藤について言及した。

「『本くれ』って言うから、わざわざサインまで書いてやったのに、足で蹴って……。あれ、本を愛してる人からしたら、とんでもない行為だから。とんでもない、読書家、愛読家からしたら。ほんでアイツ、次、広島(8・9)でやるけど、アイツ、広島のこと、自分のホームみたいなこと言ってるだろ。なんでアイツが広島のホームなんだよ。アイツ、足立区民だろ。我々、草加市民は足立区は東京都として認めてねぇから。それを忘れんなよ。

そんなこと言ったら、オレ、広島のカープ戦で始球式やったことあんの。それ知ってる? 知らないだろ? で、結果どうなったか知ってる? 雨天中止! そんなことある? 雨で中止。ふざけんなよ。どうなってんだよ? 足立区民が言ってる偽造ホームの広島で、アイツのこと叩きのめしてやっから。わかった? だから、結局、オレが何が何を言いたいかっていうと……もう重・版・決・定、ってこと!」

バックステージに下田美馬さんが貼った「重版決定」のラミネートの「決」の文字が剥がれ落ちるハプニングがあったが、今宵もKENTAは自伝「足跡」の宣伝をしながら内藤を挑発。8・9広島での「G1 CLIMAX 32」Cブロック公式リーグ戦は絶対に見逃せない。

週刊プロレス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加