TBS山本恵里伽アナ、お酒トークで博多大吉もビックリ「それ昭和20年代の酒飲みだよ」

TBS山本恵里伽アナ、お酒トークで博多大吉もビックリ「それ昭和20年代の酒飲みだよ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/09/15

TBSの山本恵里伽アナウンサー(27)がTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」(月~木曜後11・00)に生出演。共演した水曜パートナーを務めるお笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉(50)とのトークで、驚きのお酒秘話を明かす場面があった。

No image

TBSの山本恵里伽アナウンサー

今週はパーソナリティーのフリーアナウンサー赤江珠緒(46)が夏休みで、代役を務めた入社6年目の山本アナ。TBSの看板番組「NEWS23」を中心に日々の仕事をしており、大吉とはこの日が初対面で初仕事となった。山本アナは熊本出身で、福岡出身の大吉と“九州つながり”で距離は縮まり、軽快なトークを繰り広げた。

放送中に酒の話題になり、大吉が「お酒は召し上がるの?」と質問すると山本アナは「大好きですね」と即答。「ワインも飲みますし、焼酎とかも飲みますね」と続けた。一番好きな酒は「深酒したい時は焼酎です」といい、「私は熊本なんですが、焼酎は米ですね」と話した。

大吉が好きな酒のおつまみを聞くと「この間“これは飲めるなあ”と思ったのが、わさび。生わさびをすって、塩をつけて…」と山本アナ。大吉は笑いながら「それって相当な酒飲みだよ。それ昭和20年代の酒飲みだよ。えぇー、凄いねえ」と驚くと、山本アナは「おいしいです。そんなに強くないんですけど、好きですねえ」と反応していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加