<速報>石坂友宏、金谷拓実が首位でホールアウト プレーオフは“学生ルーキー”対決へ

<速報>石坂友宏、金谷拓実が首位でホールアウト プレーオフは“学生ルーキー”対決へ

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2020/11/22
No image

ツアー初優勝をかけてプレーオフに臨む石坂友宏|撮影:米山聡明

<ダンロップフェニックス 最終日◇22日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>

国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の最終ラウンド。石坂友宏と金谷拓実がトータル13アンダー・首位タイでホールアウトし、優勝の行方はプレーオフへと持ち込まれている。

激戦! 現地の模様をライブフォトで生配信中【大会フォト】

日本ウェルネススポーツ大学に籍を置くルーキー・石坂はツアー初優勝がかかる。東北福祉大学在学中のルーキー・金谷は、アマ優勝を挙げた昨年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」以来となるプロ初Vを狙う。

トータル12アンダー・3位タイに稲森佑貴、大槻智春。トータル11アンダー・5位タイに木下稜介、チャン・キム(米国)が入った。

石川遼は「67」をマークし、大会自己ベストとなるトータル9アンダー・8位タイでフィニッシュ。アマチュアの米澤蓮(東北福祉大3年)は「63」の猛チャージを見せて、中島啓太(日体大2年)とともにトータル9アンダー・8位タイでローアマチュアを獲得した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加