乃木坂46・賀喜遥香、“齋藤飛鳥最後の紅白歌合戦”に意気込み

乃木坂46・賀喜遥香、“齋藤飛鳥最後の紅白歌合戦”に意気込み

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2022/11/25

アイドルグループ・乃木坂46の賀喜遥香(21歳)が、11月24日に放送されたラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)に出演。乃木坂46の紅白歌合戦出場が決まり、「NHK紅白歌合戦っていうのは大切なステージ」「齋藤飛鳥さんは最後のステージに、今年がなると思うので、最高のパフォーマンスをみなさんに届けられたらなと思います」と意気込みを語った。

No image

その他の大きな画像はこちら

リスナーから「第73回NHK紅白歌合戦」に、乃木坂46が出場することを祝福するメールが寄せられ、賀喜は「ありがとうございます!本当にありがたいです。今年でなんと8年連続8回目の出場ということで…今回も『8』ですね!縁起が良いですね。8年も連続で出場してて」と、8月8日生まれで8に縁のある賀喜らしく喜ぶ。乃木坂46が最初に紅白歌合戦に出場した2015年は、賀喜はまだ学生でテレビの前で見ており、2018年に乃木坂46のオーディションに合格した時も4期生は自宅で、先輩のキラキラした姿をテレビの前で観ながら、4期生のグループLINEにコメントと共に写真を送り合ったと振り返る。

そして賀喜は「グループとしても(紅白は)特別だし、ファンの気持ちも分かるからこそ、ファンの方々にとっても、すごい、NHK紅白歌合戦っていうのは大切なステージだって、痛いほど分かるので。齋藤飛鳥さんは最後のステージに、今年がなると思うので、最高のパフォーマンスをみなさんに届けられたらなと思います」と語った。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加