中川翔子、初のサーフィン挑戦で感動 自力での波乗りは「時がゆっくりになる感じ」

中川翔子、初のサーフィン挑戦で感動 自力での波乗りは「時がゆっくりになる感じ」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/08/06
No image

中川翔子【写真:インスタグラム(@shoko55mmts)より】

「自力で立って、波の上を走る」を目標にしてチャレンジ

タレントの中川翔子が、初のサーフィンに挑戦した。自身のYouTubeチャンネルで、悪戦苦闘する様子を公開している。

「初めてのサーフィンで溺れかけました…」と題した動画を投稿。目標は「自力で立って、波の上を走る」と定め、まずは安全講習からスタート。一連の流れを説明し終わると、室内でボードの上に立つ練習をして、早速海へ。スイムスーツに身を包んで登場した。

インストラクターの助けを借りながら、まずは初の波乗り。「すごい!」「怖いけど楽しいかも!」と感慨を語りつつも、そのまま立つことの難しさも実感していた。

そこから挑戦を繰り返すうちに安定感を増していき、ついに自力で立つことに成功。回数を重ねるごとに上達していき、「時がゆっくりになる感じ、味わってしまった。時間の波を超えてる感じ」と振り返るなど、サーフィンの楽しさを堪能している。

最後には「最も遠いであろう出来事の大きな一つだったんです。サーフィン」「何事でも遅いなんてない! できないなんてない! やればできる!」と感想を述べていた中川。コメント欄では「何となく猫がサーフィンさせられてる様な雰囲気で和みました」「波乗りデビューおめでとう」などの声が寄せられていた。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加