Apple Watchは予想通り「Series 6」発表。そして予想外の「Apple Watch “SE”」も

Apple Watchは予想通り「Series 6」発表。そして予想外の「Apple Watch “SE”」も

  • MdN
  • 更新日:2020/09/16
No image

「血中酸素濃度測定機能」

Appleは、9月16日2時(日本時間)から開催された発表会イベント「Apple September Event」において、スマートウォッチの新モデル「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」を発表した。価格は「Apple Watch Series 6」が42,800円~、「Apple Watch SE」が29,800円~(各税別)。発売は9月18日から。

No image

「Apple Watch Series 6」

事前の情報では「Apple Watch Series 6」の登場は確実だったが、新たなラインとして「Apple Watch SE」が加わることは驚きを持って受け止められた。

まず、「Apple Watch Series 6」の改良点の目玉は「血中酸素濃度測定機能」。新しいセンサーとアプリを開発し、体に取り込まれた酸素のレベルをチェック可能になる。

これにより、ユーザーは新たな健康管理のデータを得られるようになり、心拍数データや睡眠データなどと合わせて、Apple Watchでより詳細に自分の健康や体調をチェックできる。

また、頭脳であるSoCはiPhone11シリーズに使われたA13をベースにしたS6にグレードアップし、前モデルから20%高速化している。

OSもwatchOS 7に刷新され、新たなフェイスデザインに対応した。

ケースサイズは40mmと44mmが揃い、ディスプレイは常時表示でSeires 5より2.5倍明るいAlways-On Retinaを採用し、太陽光下でも見やすくなっている。

そのほか、充電スピードの高速化で1.5時間以内のフル充電可能、高度計搭載で標高測定可能、新色は(PRODUCT)REDとブルーアルミニウムの2色を追加、留め具不要な革新的なシームレスバンド「ソロループ」追加、などの新機能・新要素が追加されている。

No image

「Apple Watch SE」

「Apple Watch SE」はiPhone SEと同じように“SE”がつけられた廉価版。

最新版に搭載された血中酸素濃度アプリ、常時表示Retinaといった機能を削除して低価格版としてリリースされる。

基本的な機能は、体の動きなどを記録できる「フィットネス」、心臓の健康に関する通知、緊急SOS、転倒検出などの「健康と安全」、iPhoneを使って、iPhoneを持っていない家族みんなのApple Watchとペアリングできる「ファミリー共有」などが利用可能。

また、Cellularモデルなら、電話、メッセージ送信、音楽ストリーミン、Siriに聞くといったスマートウォッチの基本機能は全て使うことができる。

Apple
「Apple Watch Series 6」:https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-6/
価格:42,800円~(税別)

「Apple Watch SE」:https://www.apple.com/jp/apple-watch-se/
価格:29,800円~(税別)
2020/09/16

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加