ベインキャピタル、大江戸温泉物語の全株式をローン・スターGへ売却

ベインキャピタル、大江戸温泉物語の全株式をローン・スターGへ売却

  • AMP[アンプ]
  • 更新日:2022/01/15

米・ベインキャピタルは、大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツの全株式を米投資ファンドのローン・スター傘下のOOMインベストメンツに売却することを発表した。譲渡額については公表していない。

同社は、2015年に大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツの全株式を取得。新規出店戦略並びにマーケティングの強化、仕入購買、店舗オペレーション強化を含めたコスト最適化、REITの立ち上げ準備およびIPO、IPO後の運用支援に取り組んできた。

今後、大江戸温泉物語は、日本国内の宿泊業界においてリゾートホテルを含むホテルを多数所有・運営した実績を持つローン・スターがさらなる成長と企業価値向上に取り組んでいくとしている。

The postベインキャピタル、大江戸温泉物語の全株式をローン・スターGへ売却first appeared onAMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア.

AMP News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加