南シナ海問題で比外相が「出ていけ」 中国側が反発

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/05/04

南シナ海の領有権を巡り、フィリピンの外相が「出ていけ」とツイッターで非難したことに中国側が激しく反発しています。

フィリピンのロクシン外相は中国に対して「友よ、どうすれば行儀よく言えるだろうか。ええと…、出ていけ」と、口汚い表現を交えつつインターネットに投稿しました。

両国が領有権を争う南シナ海のスカボロー礁では中国海警局がフィリピンの沿岸警備隊を追尾するなどしてフィリピン側が抗議しています。

これを受け、中国外務省の報道官は「スカボロー礁は中国の領土であり、周辺海域は中国の管轄だ」と主張しました。

さらに「発言する際には基本的な礼儀と身分をわきまえるよう望む」と批判しました。

中国空母「山東」が南シナ海で訓練 “常態化”強調

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加