三笘薫はランクインならず ブライトンの「週給トップ14」に地元メディアが注目

三笘薫はランクインならず ブライトンの「週給トップ14」に地元メディアが注目

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2023/01/25
No image

ブライトンの週給ランクを地元メディアが報道【写真:ロイター】

1位は週給1300万円のルイス・ダンク

イングランド1部ブライトンは今季、ここまで6位(9勝4分6敗)と好位置をキープしている。ビッグクラブとして知られるリバプールやチェルシーよりも上位につけるチームの週給ランキングにスポットライトが当てられている。

「ブライトンはプレミアリーグで多くのライバルを凌駕している。ブライトンのトッププレーヤーはいくら稼いでいる?」

このように見出しを打って取り上げたのは、ブライトン地元メディア「Sussex Express」だ。記事では、スポーツ選手の給与データサイト「Salary Sport」の情報を基にブライトンの週給トップ14を紹介している。

1位:ルイス・ダンク(イングランド代表MF/31歳)/週給8万ポンド(約1300万円)
2位:アダム・ララーナ(元イングランド代表MF/34歳)/週給7万ポンド(約1130万円)
3位:パスカル・グロス(ドイツ人MF/31歳)/週給6万5000ポンド(約1050万円)
4位:ペルビス・エストゥピニャン(エクアドル代表DF/25歳)/週給5万9000ポンド(約950万円)
5位:アダム・ウェブスター(イングランド人MF/28歳)/週給5万8000ポンド(約940万円)
6位:ダニー・ウェルベック(イングランド代表FW/32歳)/週給5万2000ポンド(約840万円)
7位:ジョエル・フェルトマン(オランダ代表DF/31歳)/週給5万ポンド(約810万円)
8位:アレクシス・マック・アリスター(アルゼンチン代表MF/24歳)/週給4万8000ポンド(約770万円)
9位:ソロモン・マーチ(イングランド人MF/28歳)/週給4万3000ポンド(約690万円)
10位:タリック・ランプティ(ガーナ代表DF/22歳)/週給4万2000ポンド(約680万円)
11位:ビリー・ギルモア(スコットランド代表DF/21歳)/週給3万8000ポンド(約450万円)
12位:モイセス・カイセド(エクアドル代表MF/21歳)/週給2万4000ポンド(約390万円)
12位:デニズ・ウンダフ(ドイツ人FW/26歳)/週給2万4000ポンド(約390万円)
14位:ロベルト・サンチェス(スペイン代表GK/25歳)/週給2万3000ポンド(約370万円)

今季ブライトンに復帰し、プレミアリーグ14試合に出場して4ゴール1アシストを記録している三笘はランキングに入らなかったが、記事では、「ライバルクラブと比較して、ブライトンの予算を考えると、これはかなりの成果だ」と各選手のハイパフォーマンスを称えている。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加