アルピーヌは6点式ベルト取付用アダプターを標準装備するピュアスポーツカーからF1マシンまでを展示【東京オートサロン2022】

アルピーヌは6点式ベルト取付用アダプターを標準装備するピュアスポーツカーからF1マシンまでを展示【東京オートサロン2022】

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2022/01/14

■強力なダウンフォースを稼ぐと同時に、空気抵抗を減らして最高速アップ!

海外ブランドながら、東京オートサロンには欠かさず出展している「ルノー」。そしてそのスポーツブランドである「アルピーヌ」。もちろん、東京オートサロン2022にもしっかりブースを構えています。

No image

アルピーヌA110Sアセンション

近づくとまず目につくのが、青い「アルピーヌA110」。

まあ普通に売っているクルマだよね……と思いながら近づくと、なんだか雰囲気がちょっと違う。

フロントバンパーの下とテールゲート後方に、カーボンの部品がついているじゃないですか。

No image

アルピーヌA110Sアセンションにはカーボンのアイテムが追加される

実はこのクルマは、「アルピーヌA110Sアセンション」という国内限定30台の特別仕様車。

スタイリングの付加物は、フロントバンパー下の「カーボンフロントスプリッター」、後方の「カーボンリアスポイラー」、そして(見えないけれど)スポイラーに合わせて車体底面の空気の流れを整える車体下部の「エクステンデッドアンダーパネル」の3点で構成されるエアロキットです。

フロントで60㎏、リヤ81㎏の追加ダウンフォースを発生する“しっかり効くエアロ”なのだとか。

といっても単にダウンフォースを生むだけでなく整流効果もあって、最高速度はノーマル「A110 S」の260km/hから275km/hへアップするのだそうです。

No image

A110Sアセンションのタイヤはミシュラン「パイロットスポーツ カップ2」

ダウンフォースも稼ぐのに空気抵抗を減らして最高速がアップするとはさすがです。

その強力なダウンフォースを生かすのが、ノーマルモデルより溝が少なくて接地面積の広いハイグリップタイヤ。

フロント215/40R18、リヤ245/40R18サイズのミシュランの「パイロットスポーツ カップ2」で、コーナリングスピードを稼ぐというわけです。

No image

サーキット走行向けのハイグリップタイヤです

ちなみに、室内には他仕様にはない特別装備として6点式のシートベルトを取り付けるための「ハーネスアダプター」も標準装備。

No image

バケットシートで強靭なホールド性を約束

シート座面には”股ベルト”を通すためのスリットも設けられています。

やりますねアルピーヌ。ちなみに価格は1059万円です。

No image

座面には”股ベルト”を通すためのスリットが設けられている

そしてその脇にあるフォーミュラーカーは、もちろんF1マシン。

2021年モデルの「アルピーヌA521」です。F1マシンをこんなに近くで見られるチャンスもなかなかない機会ですね。

No image

F1マシンも間近で見られる

(工藤貴宏)

あわせて読みたい

モチーフは初代S30の「432」。新型Zを日産自身が速攻カスタマイズ【東京オートサロン2022】

これはわかりやすい!タイヤのフィーリングをバーチャルで体験できるダンロップブース【東京オートサロン2020】

ラリーアートお馴染みのレッドのエンブレムやアクセントカラーを配したエクリプス クロスPHEV ラリーアート・スタイルに注目!【東京オートサロン2022】

ヤマハ発動機がSTIが開発中の近未来モータースポーツEV・スバル「STI E-RA」にモーターユニットを提供【東京オートサロン2022】

東京オートサロン2022クリガールズ結成!日本レースクイーン大賞2019クリッカー賞受賞の永原芽衣らオートサロン応援隊が誕生!!【東京オートサロン2022】

工藤貴宏

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加