神戸国際大付 北海との“再戦”に西川主将「伝統ある打撃見せたい」

神戸国際大付 北海との“再戦”に西川主将「伝統ある打撃見せたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/24
No image

オンライン抽選会に臨む神戸国際大付・西川主将=神戸市垂水区の同校

「第93回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会」(23日)

4年ぶり5度目の出場となる神戸国際大付は開会式直後の第1試合に登場する。主将の西川侑志捕手(2年)が32校中、2番目に臨んだ本抽選で神戸国際の「コ」を選び、「1」番を引き当てた。

相手は2017年夏の甲子園2回戦で対戦経験のある伝統校の北海。4年前は先輩たちが逆転で5-4の接戦を制している。当時、中学2年だった西川は「リードされる展開でも神戸国際の伝統ある打撃が発揮できた試合。甲子園でもう一回対戦できる。伝統ある打撃を自分たちがまだ引き継いでいるぞというのをしっかり見せたい」と勝利の再現へ意気込んだ。

昨年は8月に甲子園で交流試合こそあったものの、新型コロナウイルスの影響で正規の甲子園大会は春夏とも中止に追い込まれた。復活する甲子園での高校野球最初の試合となり「久々の甲子園で、一発目にできる。地元の兵庫県でもあるので、皆が見てくれると思ったら、自分たちはやるだけ。この特別な大会で記憶に残るプレーができるように練習していきたい」と抱負を語った。

大会初日に出場する6校の主将による選手宣誓の抽選には外れたが「やってみたい気持ちも少しはあったけど、余計な緊張はしなくていい。しっかりプレーに集中したい」と安どの笑みを見せていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加