レトロかわいいの大本命がトートに!エモいとはこのことか。

レトロかわいいの大本命がトートに!エモいとはこのことか。

  • 東京バーゲンマニア
  • 更新日:2021/06/10
No image

1970年代に登場し、80年代、90年代と文具や雑貨のお店で商品を入れる袋として活躍したかわいい包装紙の柄が、令和になって「エコトート」として登場。

付録付きのムックとして、2021年6月16日から販売されます。

昭和女子は思わずキュン?

No image

エコトート

包装用品などを取り扱う老舗商社「シモジマ」のオリジナルデザイン「ストップペイル」。

丸っこいフォルムのかわいい動物たち、「NINJIN」(にんじん)、「PIKAPIKA」(ピカピカ)など、日本語をアルファベットにして表現したメッセージなどが特徴です。

No image

文具好き女子などにおなじみの柄でしたが、時代とともにいつしか廃盤商品となり、現在では見る機会もなくなりました。

しかし、今回宝島社から「ストップペイル ファンシーBOOK」として、同柄をモチーフにしたエコトートに、ギフトシール柄ブローチ、ファンシー紙袋3種をセットにした昭和レトロなムックが登場。

No image
No image

ギフトシール柄ブローチ使用例

No image

ファンシー紙袋3種

なつかしの柄を、エコトートとして持ち歩けます。「紙袋風」に小さくたためるのもポイント。

No image

雑誌も入るサイズ(W29×H34×D11.5cm)です。

No image

「ストップペイル ファンシーBOOK」の販売が発表されると、SNS上では

「懐かしいし可愛い」「この柄の袋にはいつも嬉しいものが入っていたもんだ」「あの紙袋、こんな名前があったのね」「昭和のファンシーグッズといえばこの包装紙」

といった声があがっていました。

朱色と黒の2色のみで表現されたトートは、目を引くこと間違いなし。

思い出のある人はもちろん、レトロ文具好きな人はこの機会をお見逃しなく。

価格は1980円。6月3日現在、宝島社のサイト「宝島チャンネル」をはじめ、通販サイトで予約できます。

画像は「宝島チャンネル」およびシモジマ公式サイトより

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加