羽田美智子52歳の心境明かす「更年期=人生の転機と捉える」

羽田美智子52歳の心境明かす「更年期=人生の転機と捉える」

  • 女性自身
  • 更新日:2020/10/18
No image

すべての画像を見る

「自分が“更年期”といわれる時期に入ってきて、更年期という言葉に私自身、重苦しい、ネガティブなイメージがありました。でも、ある専門家の方の公演で、更年期のことを英語で“change of life”と言うと聞いて、なんてすてきな言葉なんだろう! って。“人生の転機”という意味で捉えると、とたんにポジティブな印象に変わったんです。だから、みなさんにも知ってほしくて……」

そう語るのは、エッセイ本『羽田さんに聞いてみた、小さな幸せの見つけ方』(宝島社)を出版した羽田美智子(52)。本を出そうと思った理由を尋ねると、「52歳になったからです!」と明るくほほ笑んだ。

「昔から、52歳は人生の大きな転機だと私は考えてきました。52歳までは先祖から受け継いだ恩恵や天分で生きられるけれど、52歳からは自分の力で歩み出す年齢だと。私もその年齢になって、ひとつお役目が終わったと感じつつ、これからは自分の好きな種をまいて、キレイな花を咲かせたいなあと思っています」

本書の中で「日々の生活をいとおしむことで幸せの発見につながる」と語る羽田。本誌の取材では、同年代に力強いエールも送ってくれた。

「50代って、けっこう過酷だと思います。自身の体調の変化、親の介護、お子さんのいる人は最高にお金がかかる時期にもなる。でも、私たちの世代って欲張りだから、なんだかんだといっても幸せを求めると思うんですよ、自分を含めて。それに、欲求がダイレクトに脳に伝わるのは50代からだと聞いたことがあります。大義名分とか、人の評価とか、これまで捕らわれていたものから解放され、本当の自分の欲求と向き合える時代に入ってくるそうです。それって、すごくわくわくするし、人生の本当の勝負は案外、50代から始まるのかもしれないなあって。われわれの世代は力を抜くことも知っています。休み休み欲望と向き合って、真の幸せを見つけられたらいいですね」

「女性自身」2020年10月27日号 掲載

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加