【W杯】エクアドル、得点ランク1位タイのバレンシアが2試合連続ゴールで同点

【W杯】エクアドル、得点ランク1位タイのバレンシアが2試合連続ゴールで同点

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/11/26
No image

2試合連続ゴールのエクアドル代表FWエネル・バレンシア【写真:ロイター】

後半5分に相手GKノッペルトが弾いたところをバレンシアが詰めて同点

カタール・ワールドカップ(W杯)グループA第2戦のオランダ代表対エクアドル代表は、1-0とオランダがリードして後半に入った。しかし、後半5分にエクアドルは、第1戦カタール戦(2-0)でもチームの全ゴールを決めたFWエネル・バレンシアが2試合連続のゴールを決め、同点に追いついている。

前半の途中からオランダを攻め立てたエクアドル。前半アディショナルタイムには、コーナーキック(CK)からのゴールネットを揺らしたものの、オフサイドの判定で得点は認められなかった。後半の立ち上がりも、勢いよく試合に入ったエクアドルは、後半5分に中盤でオランダの攻撃を食い止めると、ショートカウンターに転じる。

FWゴンサロ・プラタのパスを受けた、MFペルピス・エストゥピニャンが抑えのきいたシュートを放つと、オランダ代表GKアンドリュー・ノッペルトがこれを弾く。こぼれ球に詰めたのが、バレンシアだった。オランダのDF陣はオフサイドを主張したものの、DFナタン・アケが残っていたためゴールは認められた。

初戦で2得点を挙げ、イングランド代表FWブカヨ・サカ、イラン代表FWメフディ・タレミ、スペイン代表FWフェラン・トーレスとともに、1試合を終えた段階での大会得点王となっているエースのゴールに、エクアドルサポーターは大興奮。場内はエクアドルのホームスタジアムのような雰囲気となっている。(FOOTBALL ZONE特派・河合 拓 / Taku Kawai)

FOOTBALL ZONE特派・河合 拓 / Taku Kawai

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加