宮迫博之、“盟友”愛用の「ジメジメ財布」細菌判定の数値にネットが爆笑の嵐

宮迫博之、“盟友”愛用の「ジメジメ財布」細菌判定の数値にネットが爆笑の嵐

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2020/09/16
No image

雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」の9月15日投稿回の中で興味深い検証ロケが行われたのだが、そこに出てきた三又又三の財布にネット民が大爆笑している。

「これまでも、芸人らしいテンポあるしゃべりで商品をPRし、実売につなげている宮迫のもとには、各地の企業から売り込み案件が舞い込んでいますが、今回紹介されたのは、横浜に本社を置く株式会社グッドライフが発売する『ハイブリッド光触媒GLコート』なるコーティング剤。これでテーブルや床をコーティングすると、太陽光や蛍光灯などの光、そして空気に反応して除菌・消毒効果をさらに高めてくれるというのです」(芸人事情に詳しいライター)

東京・五反田でたこ焼き店「みやたこです」を開業している宮迫にとっては、集団クラスターが起こることを誰よりも心配。そこでグッドライフのほうから持ち掛けられた商品PRの申し出に乗り、実際に店内を除菌をしてもらうことになったのだが…。

「そもそも、店内がどれくらい汚いのか、まずテーブルの表面を、専用の測定機械で測ってもらうことに。すると《7999》という数値が表示され、その数字は、もしキレイに毎日テーブルを拭いていたとしても、飲食店や一般家庭では平均的なものとのことでした。ところがそのGLコートを吹きかけて再度測定すると、《586》と10分の1以下に激減したのです」(前出・ライター)

このあと出してきたのが、“盟友”の三又又三の愛用している財布。宮迫、また三又自身のYouTubeチャンネルのファンならおなじみの、なぜか湿っているという伝説の財布だが、それにどのくらいの菌が繁殖しているのか、調査することに。すると…。

「なんと驚異の《20977》という数値が表示されたのです。これには宮迫はじめスタッフも悲鳴をあげ、大絶叫。そして、さすがのGLコートも、年季の入った三又の財布の前にはかなわなかったらしく、除菌後も《1451》という微妙な数字になっていました」(前出・ライター)

ただし、その後は気になる“湿り気”はなくなったそうだが、SNS上では「汚い財布の数字が2万越えてて大笑いした」「財布笑うほんまお腹いたい」「笑笑笑笑!腹痛い!2万超えかい」「ドラゴンボールの世界観なら財布の戦闘力が最強ですやん(笑)」と大爆笑。三又の財布が初めて役に立った瞬間となったようだ。

(魚住新司)

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加