ソフトバンク和田が349万円分のワクチン寄付 世界の子どもに5万本超

ソフトバンク和田が349万円分のワクチン寄付 世界の子どもに5万本超

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

福岡ソフトバンクは22日、和田毅投手(40)が認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(JVC)へワクチン5万2070本、金額にして349万1400円分を寄付したことを発表した。

2005年から行なっている、開発途上国の子どもたちに感染症のワクチンを支援する活動。公式戦1球ごとにワクチンを10本、勝利投手となった試合は1球20本、完投勝利で30本などのルールを決めている。

16年間の累計では62万50本、金額にして3710万4430円となった。

◆和田のワクチン寄付「僕のルール」

(1)投球数に応じたワクチンの寄付

・公式戦1球につきワクチン10本

・勝利投手となった場合1球につき20本

・完投勝利を挙げた場合1球につき30本

・完封勝利を挙げた場合1球につき40本

・オールスターゲームに登板した場合1球につき100本

(2)チームや自身の成績に応じたワクチンの寄付

・パ・リーグ優勝の場合1万本を追加

・クライマックスシリーズ優勝の場合1万本を追加

・日本シリーズ優勝の場合1万本を追加

・最多勝、最優秀防御率、沢村賞など個人タイトルを獲得した場合、タイトル1つにつき1万本を追加

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加