【横浜銀行】神奈川銀行を完全子会社化へ 近くTOB実施、県内経営基盤を強化 関東唯一の「一県一行」体制に

【横浜銀行】神奈川銀行を完全子会社化へ 近くTOB実施、県内経営基盤を強化 関東唯一の「一県一行」体制に

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2023/01/26
No image

地方銀行最大手の横浜銀行(横浜市西区)が、第二地銀で非上場の神奈川銀行(同市中区)を完全子会社化する方針を固めた。近く株式公開買い付け(TOB)に乗り出し、全株式取得を目指す。神奈川銀が強みとする小規模の営業網を補完することで、横浜銀は県内の経営基盤のさらなる強化を図る。複数の関係者への取材で25日、分かった。

県内に本店を置く銀行は両行のみで、経営上は関東唯一の「一県一行」体制に移行する。神奈川銀の既存店舗は行名を変更せず、従来通り営業を続ける見通しだ。

複数の関係者によると、両行は2月上旬にも基本合意し、TOBの実施を発表する。横浜銀は神奈川銀株の7・76%を保有する第4位株主(2022年3月期末)で、残りの株式取得を進めて早期の子会社化を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加