ランニングのウェアどう選ぶ?<その1>バストがたれるのを避けるには/50代。乳がんサバイバーになりました。

ランニングのウェアどう選ぶ?<その1>バストがたれるのを避けるには/50代。乳がんサバイバーになりました。

  • OurAge
  • 更新日:2021/09/15

ランニングをしようと決心したら、気になることの一つがウェアではないでしょうか。走れる格好であればなんでもよいとはいうものの、機能性の高いウェアは汗冷えなども防いでくれますし、なによりお気に入りのウェアはやる気を盛り上げてくれます。

とはいえ、まずはなにを買えばいいのかしら?

あまり身体の線が出るのは嫌だし。

同じブランドでも、やたら値段に差があるし…どれがいいのかな?

そんな疑問に、私の5年間のランニングウェアの遍歴をご紹介しながら、こうやって揃えたらどうかな、ということを提案してみたいと思います。

とにかくまずは、しっかりしたスポーツ用ブラを

ランニングウェアといっても、千差万別です。

トップスとボトムの組み合わせが基本ですが、モデルさんが着るようなデザイン性の高いもの、ランスカートなどかわいい系、着るだけで体の機能をサポートしてくれるようなものもあります。

小物も、キャップやカームカバー、ウェストポーチなど、必要そうなアイテムがたくさんあってどれにすべきか悩んでしまいますよね。

最初は、用途のイメージしやすいトップスやショートパンツやタイツなどに目を奪われがちですが、上にも書いたように動ける格好であれば、快適さはさておき走ることはできます。

これを読まれている方も、クローゼットを探せば一枚や二枚、運動に適したウェアをお持ちでしょう。例えば、女性に人気のヨガなど、そういうウェアをうまく流用するのもおすすめです。

No image

ただし、ひとつだけ専用のものをおすすめしたいアイテムがあります。

それはしっかりしたランニング用のブラ。

ヨガなど動きが緩やかなスポーツ向けのものは、比較的ソフトな着用感のものが多く、激しい運動には不向きです。走ったり、飛んだり跳ねたりする動きからバストをしっかり守るには少し役不足。

特にランニングのような激しい動きの場合、女性のバストは上下に揺れるのではなく、円を描くように揺れるのだそう。バストを支えるクーパー靭帯は一度伸びてしまうともとに戻らないといわれていますから、要注意です。

スポーツブラという名称で売られているものでも、安価なものは単にフィット感だけを目的にしたものも多いようです。私も最初は安くてかわいければよいとたくさん買ってしまい、今はタンスの肥やしと化しています。

有名スポーツブランドの商品であっても、目的別で全く機能が違うので、しっかりチェックして購入するようにしましょう。たれたバストなんて避けたいですもんね。

No image

私の手持ちのブラを並べてみました。
こうやって見ると黒っぽいものが多いですね(笑)

上から時計回りに、

・アツギ クリアビューティ アクティブ(グレー)

・アツギ クリアビューティ アクティブ(ブラック)

→しっかりホールドで値段もお安めの割には質もよく、カップ一体型なので洗濯もしやすいという優れもの。色違いで5枚ほど愛用しています

・ファイントラック ドライレイヤーベーシックフィットブラ(ブラック)

→値段は少し張りますが、速乾性で汗をかいても肌に直接触れずに冷えないという機能はかなり快適です。

・ワコール CW-Xスポーツブラ(ハード)

→筋肉の動きを研究した独自のコンプレッションウェアで有名なワコールのCW-Xシリーズのものです。しっかりとサポートしてくれる感じは好みが分かれるかもしれませんが、安心感があります。

けがの予防にはランニング専用のソックス

ブラの次に考えたいのが、ソックスです。

ランニング用ソックスは、土踏まずのアーチ部分を持ち上げるような構造になっているものがほとんどです。この機能は、疲れたときにアーチ部分が崩れることを防いでくれるのです。

人間の足裏には、土踏まずを含めて3つのアーチ構造があるそうです。これらが何のためにあるかといえば、衝撃吸収のためなのです。足にかかる衝撃の負担を軽減してくれる、クッションの役割を果たしてくれるのです。疲れてくるとこのアーチ構造が下がってきて、衝撃を吸収しにくくなる。それを防いでくれるのがランニング用ソックスというわけです。

No image

また、滑り止め機能のあるものは靴擦れなども防いでくれますし、5本指のものは足指が自由に動かせるので踏ん張りがききやすく、疲労軽減に有効といわれます。靴擦れにも有効です。ハイソックス型であれば、ふくらはぎのコンプレッション機能(その部位の身体の動きをサポートする)があるものも多いです。

ショートソックスとカーフスリーブ(ふくらはぎ用のサポーターのこと)の組み合わせも、特に男性には多いです。

ソックスは機能が高いものでもそこまで高額のものは少ないので、ぜひ一足試してほしいなと思います。

せっかく走るなら、身体に負担のかからないようにしたいものです。

これらのアイテムは一見地味ですが、走るときの快適さが格段に変わるのでぜひ試してみてください。

次回は、私がどんな格好で走っているかなどご説明しますね!

hijiri

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加