シャンプーハットてつじ「丸二日、1人で戦うって...」王将戦で驚いた藤井聡太王将の持ち物とは...

シャンプーハットてつじ「丸二日、1人で戦うって...」王将戦で驚いた藤井聡太王将の持ち物とは...

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2023/01/29

お笑いコンビ「シャンプーハット」のてつじ(47)が25日、MBSラジオ「松井愛のすこ~し愛して」(月~金曜前10・30)に出演。藤井聡太王将(20)=竜王、王位、叡王、棋聖含む5冠=と羽生善治九段(52)による王将戦の対局に立ち会った場面を振り返った。

No image

第72期ALSOK杯王将戦7番勝負を展望したシャンプーハットてつじ

藤井聡太ってどんな人?略歴、トリビアも!

将棋普及指導員の資格を持つてつじは、22日に行われた第72期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負第2局第2日で、会場となった大阪府高槻市「摂津峡花の里温泉 山水館」を訪れ、封じ手開封を初めて、記録係の後方側から見学した。

そして、てつじが着目したのが、藤井王将が盤側へ持参した巾着袋。「対局の時にポーチみたいなのを(巾着袋)持って来てよくて、扇子とかリップクリームを入れたりとかする。藤井聡太くん何入ってるんかなって。扇子は見えてたんです。後は除菌シート2束」と扇子に加え、コロナ禍ということもあり除菌シートが入っていた。

そして「びっくりしたんが、時計。あと何分残ってるかの時計を足元に出したと思って」とてつじは最初、藤井王将が自分でも持ち時間を確認するために時計を持ち込んでいると思ったという。「控え室で“藤井聡太くんってわざわざ時計持って来てるんですね”って言ったら、記者さんが“時計じゃないんですよ。時計も見れるけど、気温計です”って」と説明を受けたそうで「部屋の温度をちゃんと確かめてから、“暑い、寒い”を言うようにしてるんですって。自分の体感で“暑い寒い”って言ったら、対局者に失礼やから、“部屋の温度がこれやから、ちょっと暑くないですか、寒くないですか”って言う」とデジタル時計を持ち込んでいる理由は客観的な温度を知るためだったと明かした。

加えて「部屋の気温と自分の感じる暑い寒いによって体調の変化も見てるみたいなんです。緊張してカーっと(暑く)なってるとか。丸二日、1人で戦うって、こういうことなんやなって」と改めて若き天才のすごみを間近で感じたと感動していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加