「長年、泣き寝入り」 脳性まひの親たちの団体が会見

「長年、泣き寝入り」 脳性まひの親たちの団体が会見

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/08/06
No image

"産科医療補償制度の対象外とされ、記者会見で早期救済を訴える親の会のメンバー=2022年8月5日午後、厚労省、久永隆一撮影"

出産時に重い脳性まひになった子どもとその家族の経済負担を軽減する「産科医療補償制度」の対象外とされた親でつくる団体が5日、厚生労働省で記者会見を開いた。これまで救済策を示してこなかった厚労省に対し、「長年、泣き寝入りしてきた」として早期の問題解決を強く訴えた。

出産で脳性まひ、補償されない子への救済策を 親たちが厚労省に要請

団体は「産科医療補償制度を考える親の会」(代表=中西美穂さん)。2009年にできたこの制度は、22年1月1日以降に生まれた子どもから補償基準を変更。21年12月31日までに生まれた子どもは、出産時の低酸素状態を示す数値基準をクリアする必要があった。この従来基準で対象外とされた子どもは全国に550人程度いるとされる。

しかし、この従来の数値基準にあてはまらなくても、脳性まひが起こることがわかり、新基準では低酸素状態の条件は撤廃された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加