巨人追い上げ届かず 首位ヤクルトと今季最大10ゲーム差 4カード連続負け越し

巨人追い上げ届かず 首位ヤクルトと今季最大10ゲーム差 4カード連続負け越し

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/06/24
No image

4回終了後、選手交代を告げる原監督(撮影・佐藤厚)

「巨人5-7DeNA」(23日、東京ドーム)

巨人は7点差を追い上げる粘りをみせたが、あと一歩届かず、4カード連続負け越しとなった。首位のヤクルトとのゲーム差は今季最大の10に広がった。

先発のドラフト3位・赤星(日大)が立ち上がりから失点を重ね、4回5失点でKO。六回にも2番手の戸田が2点を失い、六回表を終えて0-7と大量リードを奪われた。だが、ここから打線が諦めずに反撃する。六回に坂本の左線適時二塁打、石川の三ゴロの間に2点を返し、なお2死二塁から代打の中田が右越えに6号2ランをたたき込み、この回一挙4点を奪った。

さらに七回1死一、二塁から岡本和が中前適時打を放ち、2点差に迫った。

7点差大逆転への機運が高まったが、八、九回はDeNAのリリーフ陣に抑え込まれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加