映画「10万分の1」運命に立ち向かう蓮&莉乃収めた本予告、主題歌はGENERATIONS

映画「10万分の1」運命に立ち向かう蓮&莉乃収めた本予告、主題歌はGENERATIONS

  • コミックナタリー
  • 更新日:2020/09/16

宮坂香帆原作による実写映画「10万分の1」の本予告が公開された。

No image

映画「10万分の1」ポスタービジュアル

すべての画像・動画を見る(全4件)

本予告は白濱亜嵐EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)演じる桐谷蓮が、平祐奈演じる桜木莉乃に「桜木さんが好きだ!」と思いを伝えるシーンからスタート。両思いの日々を送る中、莉乃に10万分の1の確率でしか起こらない“運命”が降りかかる様子が切り取られ、「大丈夫だよ莉乃、俺が守るから」と莉乃を抱きしめる蓮など、2人がともにその運命に立ち向かう姿が収められている。併せてポスタービジュアルも解禁に。蓮、莉乃のビジュアルとともに「どんな未来でもかまわない、ふたりで迎えにいこう」「幸せの絶頂で難病に引き裂かれる二人が、未来のために交わした約束とは──?」というキャッチコピーが記された。

また主題歌は映画のために書き下ろされたGENERATIONS from EXILE TRIBEの楽曲「Star Traveling」に決定。楽曲の歌詞は随所に本編の内容を回想できるようなものになっているとのこと。白濱は「劇中ともリンクする楽曲になっていて桐谷と莉乃の恋愛の想いも詰まった夜空の見えるようなバラードになっています。是非曲の世界と映画の世界を楽しみに公開まで待っていて頂ければと思います」とメッセージを送り、平も「色んな感情が映し出されていて、儚くも希望を持って立ち向かう力強さが、今回映画の為にGENARATIONSさんが書き下ろして下さった素敵な主題歌と合わさっていて予告を観ただけで心と目が思わず潤います」とコメントした。

Cheese!(小学館)で連載された「10万分の1」は、女子にも男子にも憧れられる人気者の桐谷蓮と、彼に思いを寄せる桜木莉乃の2人を中心とした物語。映画は11月27日に公開される。

白濱亜嵐(桐谷蓮役)コメント

「10万分の1」の新たな予告映像も解禁となりました。
主題歌のGENERATIONS「Star Traveling」も発表となり役者だけではなく、アーティストとしてもこの作品に携わる事ができとてもありがたい気持ちでいっぱいです。
劇中ともリンクする楽曲になっていて桐谷と莉乃の恋愛の想いも詰まった夜空の見えるようなバラードになっています。是非曲の世界と映画の世界を楽しみに公開まで待っていて頂ければと思います。

平祐奈(桜木莉乃役)コメント

色んな感情が映し出されていて、儚くも希望を持って立ち向かう力強さが、今回映画の為にGENARATIONSさんが書き下ろして下さった素敵な主題歌と合わさっていて予告を観ただけで心と目が思わず潤います。
このような時期ではありますが予告編を観て少しでも心和らげて頂けると幸いです。

実写映画「10万分の1」

2020年11月27日(金)全国公開

原作:宮坂香帆「10万分の1」(小学館 フラワーコミックス刊)
監督:三木康一郎
脚本:中川千英子
配給:ポニーキャニオン / 関西テレビ放送
出演:白濱亜嵐(EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE)、平祐奈、優希美青、白洲迅 / 奥田瑛二

(c)宮坂香帆・小学館/2020映画「10万分の1」製作委員会

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加