【新刊】『サライ』6月号は伝説の万年筆のミニサイズが手に入る!

【新刊】『サライ』6月号は伝説の万年筆のミニサイズが手に入る!

  • ママテナ
  • 更新日:2022/05/14
No image

文具のとびら編集部

小学館は、2022年5月9日に『サライ』6月号を発売した。税込1,300円。
今号ではサライ謹製の万年筆「ミニ檸檬」が特別付録となっている(電子版には付録なし)。

1999年に丸善の創業130周年を記念して作られ話題となった「檸檬万年筆」。
以後10年おきに2度作られ、完売を続けた名品である。
梶井基次郎の代表作『檸檬』の衝撃的なラストシーンをイメージした、檸檬色の万年筆。手書きの喜びを堪能できる万年筆だ。

今号ではその「檸檬万年筆」を忠実に再現しつつ、軽くて使いやすいサイズにした「ミニ檸檬」を付録とした。

サイズ以外は「檸檬万年筆」(画像手前)のデザインを踏襲。キャップのペンクリップも忠実に再現した。

No image

ペン先には『サライ』の駱駝(ラクダ)マーク。伝統的な葡萄唐草紋様を檸檬に見立てた「檸檬唐草」が囲んでいる。

No image

大特集は「新緑の『奈良大和路』をゆく」と題して、新緑と初夏の花々に包まれた奈良を楽しく巡るコースの紹介や、地場の食材に心を配る料理店のラインアップを掲載している。

No image

mamatenna

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加