山本昌氏「小学校、中学校は野球チームでは補欠だったんです」 野球殿堂入りスピーチ全文

山本昌氏「小学校、中学校は野球チームでは補欠だったんです」 野球殿堂入りスピーチ全文

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/01/14
No image

生原昭宏(アイク生原)さんのレリーフと記念撮影する山本昌氏=野球殿堂博物館(代表撮影)

公益財団法人「野球殿堂博物館」は14日、2022年野球殿堂入り通知式を開き、競技者表彰プレーヤー部門から、現ヤクルト監督の高津臣吾氏(53)、元中日投手の山本昌氏(56)の殿堂入りを発表した。以下、山本氏のスピーチ全文。

みなさんこんにちは。今回、このようにたいへんな名誉である野球殿堂入りということをしていただきました。本当にたくさんの方に支えてきていただいた野球人生だったな、というふうにと思います。

神奈川県の茅ケ崎市で育ちまして、そして、小学校、中学校は野球チームでは補欠だったんです。そんな中でもですね、たくさんの素晴らしい指導者、そして、茅ケ崎市であったり、松林中学校であったり、日本大学藤沢高校であったりと、縛らしい環境で野球をさせていただいた。そして、みなさんに押し上げていただいて野球選手になることができました。恩師の一人、友人や先輩の誰一人が欠けてもここまで来られなかったというふうに思います。

そして、プロ入りしてからもですね、初勝利に5年かかりました。その中でたくさんの恩師に出会って、特に5年目に、この殿堂にも入っていらっしゃいますけども、アイク生原さん(1992年没、2002年殿堂入り)と出会ったことが本当に私を大きく変えていただいたと思います。

私が1勝するだけでたいへん喜んでいただいたアイクさんだったので、もし、このような殿堂に入らせていただくという報告ができたら、どれだけ喜んでいただけたかなというふうに、ほんとうに残念に思います。

また、星野仙一さんや高木守道さん、山田久志さん、落合博満さん。この殿堂に入っていらっしゃいますけれども、たくさん素晴らしい監督に指導していただいて、ここまでこられたのかなと思います。

星野仙一さんからはですね、「お前はここまで野球に世話になったから最後まで野球に貢献しなさい」という言葉をいただいています。これからは野球にもっともっと集中して、貢献していきたいなと思います。

最後に、このような体に生んでくれた両親と、いつも支えてくれた家族に感謝しています。これからもしっかりと野球道に打ち込んでいきたいと思います。よろしくお願いします。本日はありがとうございました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加