落合博満氏 2000試合のつば九郎祝福「俺のファンなんだ」 偉業称え「くるりんぱ!」にも挑戦

落合博満氏 2000試合のつば九郎祝福「俺のファンなんだ」 偉業称え「くるりんぱ!」にも挑戦

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/10

落合博満氏(68)が5日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新し、この日主催2000試合出場を達成したヤクルトの人気マスコット・つば九郎を祝福した。

No image

落合博満氏

落合博満ってどんな人?略歴、トリビアも!

落合氏は「つば九郎~200試合出場おめでとう~」と呼び掛け、「つば九郎は俺のファンなんだよな。監督時代、試合開始前に必ずあいさつに来て、ヤクルトの飲みものを手渡してくれた思い出がいっぱいあります。でも、2000試合って、そんなに長くやっているんだ。それだけ丈夫だったということでしょう」と、94年のデビューから29年。この日の神宮球場ヤクルト―巨人戦での快挙達成となったつば九郎を称えた。落合氏も現役時代にロッテ、中日、日本ハムで20年、通算2236試合に出場し、3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いている。

また、「つば九郎」が5回終了後にパフォーマンスをする「空中くるりんぱ!」に落合氏も挑戦。2度目に成功し「どうだ~~!」と大笑い。再び「2000試合おめでとう~~」と祝福していた。

記念すべきゲームは5回終了時点で試合成立。この試合で主催2000試合出場となったつば九郎がグラウンド登場。球場のファン総立ち、ベンチでは村上ら選手も拍手で祝福。花火が打ち上げられ、記念ボードを掲げて球場を1周した。恒例の「空中くるりんぱ!」のパフォーマンスも披露し、残念ながら成功はしなかったが、神宮に駆けつけたファンを沸かせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加