壁画絵師の木村英輝さん、延暦寺にタペストリー奉納

壁画絵師の木村英輝さん、延暦寺にタペストリー奉納

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/01/14

キーヤンの愛称で親しまれている京都市在住の壁画絵師、木村英輝(ひでき)さん(78)がこのほど、大規模修理中の世界遺産・延暦寺(大津市)の根本中堂(国宝)にタペストリーを奉納した。象やクジャク、コイなどの動物や人が堂内の「不滅の法灯」へと導かれるように空を舞う様子が描かれている。
 タペストリーは、底辺約18メートル、高さ約7メートルの直角三角形で、タイトルは「生けるものたち何処へ行く」。根本中堂は

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加