「牛肉」と玉ねぎ調味料を容器に入れてチンするだけ。スキマ時間でつくれる「タレしみしみ牛丼」レシピ

「牛肉」と玉ねぎ調味料を容器に入れてチンするだけ。スキマ時間でつくれる「タレしみしみ牛丼」レシピ

  • saita
  • 更新日:2022/01/15

仕事や家事で疲れた日は料理をしたくないですよね。そんなときにおすすめなのが、電子レンジ調理。耐熱容器に具材を入れてチンするだけでOK。ご飯の上におかずをのせれば見た目が華やかな丼に! しかも洗い物が減って後片付けもラクラクです。簡単に作れる「タレしみしみ牛丼」をご紹介します。

「タレしみしみ牛丼」の作り方(調理時間:5分)

No image

〇材料(1人分)

牛肉……100g

玉ねぎ……4分の1個

料理酒……大さじ1

しょうゆ……大さじ1

みりん……大さじ1

砂糖……小さじ2分の1

しょうがチューブ……少々

にんにくチューブ……少々

〇準備
玉ねぎを薄切りにする。

<作り方>

1.耐熱容器に玉ねぎ、牛肉を入れる。

No image

2.料理酒、しょうゆ、みりん、砂糖、しょうが、にんにくを入れて軽く混ぜ合わせる。
ふんわりとラップをし、600Wの電子レンジで4分加熱する。

No image

3.取り出し全体を混ぜ合わせる。
(このとき、火が通っていなかったら追加で様子を見ながら1分ずつ加熱する)
どんぶりにご飯適量(分量外)を盛り、牛肉をのせたらできあがり。

No image

今回は仕上げに小ねぎと七味唐辛子をかけました。
紅しょうがや温泉卵をのせてもおいしいです。
レンジでチンしただけなのに、味がしみ込んでいます。
玉ねぎを敷いたことで先に熱が通り、とろとろと柔らかい食感に仕上がりました。
タレがおいしいので、ぜひつゆだくにしてお召し上がりください。
冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにもピッタリ。
5分で作れるので早起きしなくてもいいのは助かりますね。

レンジで簡単「タレしみしみ牛丼」をご紹介しました。
耐熱容器に入れたらチンするだけとあっという間に作れます。
加熱してる間にほかの作業ができるので時短になりますよ。
疲れた日や手を抜きたいときにぜひ作ってみてください。

RIE/ライター

RIE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加