巨人が広島戦5連勝 岡本プロ初満塁弾 田口粘投2勝目

巨人が広島戦5連勝 岡本プロ初満塁弾 田口粘投2勝目

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/02
No image

6回、岡本が満塁本塁打を放ちベンチでガッツポーズをする巨人・原監督(右)

「巨人11-3広島」(1日、東京ドーム)

巨人が大勝で13年以来7年ぶりの広島戦5連勝を飾った。

1点を追う二回、先頭の岡本が右中間を破る二塁打で出塁。5番に座った“ハクション大魔王”ウィーラーがフルカウントから低めの変化球を中前にはじき返す同点適時打。

三回には、無死一、二塁から丸が絶妙なセーフティーバントを転がし、一塁・松山の悪送球(記録は安打と失策)の間に勝ち越し。さらにウィーラーの犠飛、中島の適時打で3点を奪った。

ビッグイニングは六回。岸田、坂本の安打などで1死満塁とし、丸が押し出し四球を選んでまず1点。続く岡本がプロ入り初となる満塁本塁打を左翼席へ運んだ。さらに再び満塁とし、岸田の犠飛で計6点を奪い試合を決めた。

先発は左太ももの張りのため離脱していた田口。7月4日の中日戦(東京ドーム)以来のマウンド。初回2死から長野、鈴木誠の連続二塁打で1点を失った。毎回走者を許しながら、要所をしめる投球。七回に代打ピレラに一発を浴びたが7回7安打2失点で2勝目を挙げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加