【卓球】中3松島輝空が悲願初Vへ4強進出「打ち合える実力にはなってきたかな」成長実感

【卓球】中3松島輝空が悲願初Vへ4強進出「打ち合える実力にはなってきたかな」成長実感

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2023/01/25
No image

ジュニア男子準々決勝の第3ゲーム、サーブを放つ松島(撮影・宮地輝)

<卓球:全日本選手権>◇第3日◇25日◇東京体育館◇ジュニア男子準々決勝

中学3年生の松島輝空(そら、15=木下アカデミー)が、悲願の初優勝へ4強に進出した。

木方圭介(山口・野田学園高)を3-0(11-3、11-7、11-7)で圧倒。準決勝、決勝が予定される26日に向けて「小6から2位が2回。ずっと悔しい結果で、今度こそは絶対に何が何でも優勝する。今回のジュニアは絶対に優勝したいです」と力強く言い切った。

幼少期から注目されてきた有望株は身長が168センチにまで伸び「パワーだったり、普段(これまで)だったら届かない場所が届く。打ち合いになっても、打ち合える実力にはなってきたかなと思います」と成長を実感する。準決勝は吉山和希(愛知・愛工大名電高)と対戦。26日は一般の男子シングルス初戦(4回戦)、及川瑞基(木下グループ)と組む男子ダブルスも4回戦を控えており「全試合勝てたらいいかなと思います」と最高の1日にする。【松本航】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加