いずみ野地域ケアプラザ マスコットを募集中 5周年記念の第一弾〈横浜市泉区〉

いずみ野地域ケアプラザ マスコットを募集中 5周年記念の第一弾〈横浜市泉区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2021/11/25

今年10月に開所5周年を迎えたいずみ野地域ケアプラザ(鈴木登志子所長)。その記念事業のひとつとして、同所のマスコットキャラクターのデザインを一般募集している。締切は12月28日(火)。

区内6カ所目の地域ケアプラザとして2016年10月1日に開所した同所。開所以来、いずみ野駅周辺などの新しいまちと和泉川沿いの古くからのまちが融合した活気のある和泉北部地区周辺の活動拠点となっている。

このほど開所5周年を迎え、地域への感謝を伝えるために年間を通じた記念事業を企画。その第一弾として取り組むのがこのマスコットキャラクターのデザイン募集だ。担当職員は「公共性の高い施設だからこそ、地域からアイデアを募って皆で作り上げたいと考えました」と話す。

募集期間終了後に職員が厳選した数作品で一般投票による最終選考を行う予定。選ばれた作品は広報誌やイベントで使用されるという。

応募用紙は同ケアプラザの窓口等で配布中。応募条件は【1】名前をつけること【2】完全なオリジナルであること(似たようなキャラクターがないか)【3】いずみ野地区周辺の特色などを盛り込むこと【4】キャラクターを使用することを一任すること。

鈴木所長は「これからも地域に愛される場所を目指したい」と抱負を語った上で「この企画がケアプラザに親しむきっかけになれば。奮ってご参加ください」と呼びかけている。

問い合わせは同ケアプラザ【電話】045・800・0322まで。

No image

応募を呼びかける職員ら

タウンニュース泉区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加