日韓W杯から20年。森岡隆三、宮本恒靖、中田浩二が今明かす熱狂の裏側

日韓W杯から20年。森岡隆三、宮本恒靖、中田浩二が今明かす熱狂の裏側

  • 集英社オンライン
  • 更新日:2022/06/23

2002年日韓W杯から20年。同大会で「フラット3」として大きなインパクトを残した元日本代表の森岡隆三、宮本恒靖、中田浩二の3氏がこのほどオンライントークショー「甦るフラット3の伝説」(朝日新聞社主催)に登場。今、明かされる20年前の熱狂の裏側とは?

No image

オンライン公開のトークショーに出演した3人。左から森岡隆三、宮本恒靖、中田浩二

2002年W杯で、サッカー日本代表が初めてベスト16に入りし、スタジアムが青色に染まった。当時、サムライブルーを率いたのはフランス人指揮官のフィリップ・トルシエ。その代名詞とも言えるのが、DF3枚がラインで守る稀有な戦術「フラット3」で、同大会では強烈なインパクトを残した。

2022年6月9日。20年前のロシア戦の日付に合わせ、元日本代表選手たちが当時を振り返るオンライントークショー「甦るフラット3の伝説」(朝日新聞社主催)が開かれた。イベントには、フラット3成功の立役者であるキャプテン森岡隆三、宮本恒靖、中田浩二が出演。3人の証言に加え、この戦術を強く支えた「もう1人」の軌跡からも、20年前の真実に追っていきたい。

元日本代表が明かす熱狂の裏側とは?

2002年日韓W杯で取材に関わった朝日新聞東京スポーツ部・潮智史記者、フリーアナウンサー・日々野真理さんの両司会に呼ばれて入場した元日本代表の森岡、宮本、中田の3氏。20年前のサムライブルーユニフォームからカジュアルな私服に服装は変わったものの、顔ぶれを見るとあの濃密な4試合がすぐに脳内に甦ってくる。

3人の後ろにはもう1人、ユニフォームに身を包む男が“いた”。チームメイトから「マツ」の愛称で親しまれた松田直樹だ。2002年W杯ではフラット3の右CBとして全試合フル出場。その後も日本を代表するDFとしてプレーした。2011年8月、急性心筋梗塞で突然この世を去った彼も今回、遺族の許可を得て写真でのイベント参加を果たした。

かくして時計の針は20年前へと急速に巻き戻されていく。最初の話題は、2002年6月4日に埼玉スタジアム2002で行われたグループステージ初戦のベルギー戦。選手たちが自国開催の熱気を肌で感じたのは、さいたま市内の宿泊先での出来事だったという。

No image

2002年6月4日、初戦のベルギー戦に挑む日本代表イレブン 画像/Kyodo News

宮本 試合当日、昼寝をしようとしても僕らが泊まっている15階の部屋の下からスタジアムに行くサポーターの声が聞こえてくるんです。

その熱気は18時前、選手入場時に頂点へと達する。

森岡 ピッチに階段で上がったときに真っ青に(サポーターが)埋まった光景は忘れることができないですね。

ただ、実際に試合になると……。フラット3中央のコントロールタワー役を務めていた森岡は相手との接触プレーが原因で、左脚に異変が生じる。「何とかしようとしてもどうにもならなかった」と森岡は振り返る。

71分、森岡からキャプテンマークを託された宮本がピッチへ。直前の鼻骨骨折によりフェイスガードを着用したことにより「バットマン」と言われ、大会後は「ツネ様」として国民的な人気を博すことになる宮本のW杯デビュー戦となった。

中田 ツネさんとは、2000年シドニー五輪でもコンビを組んでいたので不安はなかったです。

中田がそう話すように、ピッチ上での違和感はなかったものの、結果は75分にフラット3のギャップを突かれて失点し、2対2の引き分け。しかしこの失点はフラット3にとっては、その後の堅守への大きなケーススタディとなった。

No image

背後のスクリーンには松田直樹の写真も投影された

トルシエ監督「覇気のないヤツはベンチに入るな」

森岡 ベルキー戦が終わったときに状況に応じてラインを高くすることだけでなく、堅く守ろうという話はしたよね?

中田 しましたね。ベルギー戦をやってみて思ったのは相手も日本のことを研究しているということ。2失点目は2列目の選手が飛び出してきたので、そこを含めて僕らは話し合いをしました。

森岡 それで勝ち点1以上の手応えを感じた。

中田 そうですね。

森岡 前年(2001年)はセットプレーでも蹴る瞬間にラインを上げてオフサイドを取ることをやっていたんだけど、それはW杯ではできないなと思いました。

No image

森岡隆三

No image

宮本恒靖

No image

中田浩二

戦略に欠かせなかったのは松田の存在である。

宮本 自分たちがボールを持ったときの攻撃の持ち出しとか、彼(松田)の存在は大きかったんですよ。もともとFWの選手だからボールを持ったときは生き生きして。守備のときはイライラした顔しながら、「早く終わらへんかな」という感じでやっている(笑)。

中田 ボールを持てる選手なので、マツくんがプレーしているときは安心できました。全ての能力が高いので嫌そうな顔しても簡単にボールを取るし、僕は年下だったんですが、兄貴分的な存在として引っ張ってもらいました。

かくして、地上波視聴率60%超となった6月9日のロシア戦を迎えた。その裏では、大きなドラマがあった。

宮本 森岡さんの状態がはっきりしなかったんですよね。そんな中でアップしているとスタメン落ちの発表があって、「森岡さんが外れて大丈夫かな」という空気感がスタジアムに流れた。ここで勝ち点3を取ってみんなを安心させたいと思ったのは強く残っています。

森岡 自分が逆の立場だったら、なかなかいい準備をすることは難しい。今、ツネの話を聞いて「本当に迷惑かけたな」と思いました。

さらに森岡は、20年を経てある事実を明かした。

森岡 あの試合、僕はスタジアムの観客席から見ていたんです。知らなかったでしょ?

中田 知らなかったです!

森岡 本当はベンチから応援したかったんですが、トルシエから「覇気のないヤツはベンチに入るな」という感じで言われて。でも、そこで見たツネのプレーは正直、自分が憧れるくらい。自分が置いていかれた感じでした。数的不利になりかかったシーンでも、うまくパスを出させて最後は美しいステップでスライディングするシーンがあった。覚えてる?

宮本 覚えてないです(笑)。でもあの試合を通じてパフォーマンスが高くなったのは覚えています。

そして51分、日本中が沸いたMF稲本のゴール。起点となったのは中田の左クロスだった。

中田 ロシアのDFは大きいので単純に放り込んではダメだと思っていたんですが、柳さん(柳沢敦)が見えたのでグラウンダーでパスを出して、柳さんが落としてくれてイナ(稲本)が決めてくれました。

フラット3の裏オプションだった攻撃参加からの決勝点。ただ、中田はこうも言っている。

中田 ツネさんとか(森岡)隆三さんは大変だったと思います。僕とかマツ君が攻撃好きで勝手にふらふら行っちゃうんで。攻撃に行こうとして隆三さんやツネさんに止められることもありましたね。

この超攻撃的DF2人のエピソードに森岡、宮本も2人も苦笑い。写真の松田も茶目っ気たっぷりに笑っているように見えた。

文中敬称略後編を読む>>

文/寺下友徳

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加